javascriptを有効にしてください。

看板

看板15

看板15
2017.09.21

元気良く伸びたヒガンバナと真白なタマスダレが看板の周囲を飾ります。

看板14

看板14
2017.04.20

阪大病院前看板下では、タンポポの黄色にアジュガの暗紫色が良く似合っています。

看板13

看板13
2016.05.01

看板が設置されてから11年が経ちました。

メンバーも平均年齢が75歳程と高齢になりました。

一回り半も年齢差のあるメンバーどうしで「少し疲れてきましたが、お互い頑張りましょう。」と励まし合います。

看板12

看板12
2016.04.16

看板下で朝日を浴びるアジュガです。

看板11

看板11
2015.09.11

雨続きだった9月前半。

リュウノヒゲと一緒に植えてあるタマスダレも咲きました。

看板10

看板10
2015.05.08

縁石内にすっきり納まったガザニア。

毎年良く咲くピンクの芋カタバミ。

看板も嬉しそう。

看板9

看板9
2014.10.28

モノレール公園東口駅前看板です。

昨日は木枯らし1号が吹きました。

朝晩は寒くなりましたが、オキザリス・バリアビリの白、芋カタバミのピンク、ゼラニウムの赤やピンクが元気に晩秋を謳歌しています。

看板8

看板8
2014.09.21

モノレール公園東口駅前看板です。

秋の日差しに輝くヒガンバナと控え目なキバナコスモスが周囲を飾っています。

看板7

看板7
2014.08.20

今年もまたタマスダレの季節が来ました。

看板6

看板6
2013.09.11

9月後半を待たずに、昨年より株が育ち花数も増えたのを確認できました。

看板5

看板5
2013.09.06

タマスダレが咲きました。

昨年の9月22日の写真を見るともっと沢山咲いています。

ここは、リュウノヒゲの間にタマスダレの球根を植えているので、リュウノヒゲに押されてタマスダレが咲きにくくなっているかもしれませんが、9月後半になるともっと咲いてくれるかもしれません。経過を見守ろうと思います。

看板4

看板4
2013.05.21

阪大病院前交差点脇の看板です。

サクラナデシコの花数が増しました。

ツツジの中のイタドリ、ヤブカラシ、ミツバアケビ等が大きくなったので、かき分けて入り抜きました。

看板3

看板3
2013.05.13

黄色のガザニアに囲まれて一番輝く季節です。

看板2

看板2
2013.05.09

エキスポロード西詰看板付近です。

看板に葛が絡まるのを止めるために分離帯として最初に開墾した場所です。

早朝から出社時間を気にしながら、歩道に這い出る何十本という葛の根を抜き開墾した場所は今、サクラナデシコ、フランス菊、ノースポール、薔薇、イリス、ガザニア等が咲いています。

看板1

看板1
2013.05.09

病院前看板下です。昨年植えたサクラナデシコが、この一角を覆って咲き始めました。

7年ほど前、小花を植えましたが暫くしてモノレール橋脚の補強工事があり、その後は草が生えてもツツジの剪定の業者さん任せで敬遠して来ました。

昨年になって、ふと、橋脚工事は暫くなさそうと思い、ツツジの剪定時に踏まれても年に一度位なら大丈夫と思われるリュウノヒゲ、タマスダレ、サクラナデシコが移植できる量だけありましたので草押さえに植えました。

やっと看板下が綺麗になりました。

阪大病院前看板

阪大病院前看板
2012.09.22
4月26日に植えたタマスダレが咲きました。
昨夕の外出時、この看板前の交差点で新聞が大量に飛散しているのを見ました。
廃品回収車から落ちたのか何なのか。
帰宅時は暗くなり街灯と車のライトを頼りに信号が赤になるたびに道路の中央部まで出て拾いました。
危険極まりないですが朝の見苦しさを想像すると拾ってしまって良かったと思います。
60リットルほどの袋が一杯になりました。
このようなことが時々ある場所です。
暗くなって拾ったのは始めてですが、昼間は何度かありました。

エキスポロード西詰看板

エキスポロード西詰看板
2012.8.15

モノレール公園東口前看板

モノレール公園東口前看板
2012.8.15

阪大病院前看板

阪大病院前看板
2012.8.11