byoinmae2.html
javascriptを有効にしてください。

病院前花畑

javascriptを有効にしてください。
病院前花畑2654

病院前花畑(はなのえき)2654
2024.05.14

真っ白なオルレアに鮮やかなフランネルソウとイエローエンジェルが加わって爽やかな5月を謳歌しています。

病院前花畑2653

病院前花畑(はなのえき)2653
2024.05.14

空とヤグルマギクのブルーに囲まれて華やぐゼニアオイです。

病院前花畑2652

病院前花畑(はなのえき)2652
2024.05.02

フランスギクが真っ白に咲き、バラやナデシコ、キンセンカ、ヤグルマギク等々が咲く中で作業するメンバーです。

病院前花畑2651

病院前花畑(はなのえき)2651
2024.04.19

今年もボタンが咲きました!!

今年は7輪。

快晴の良き日に満開のボタンに会えました。

いつの間にかフェンスを覆っているモッコウバラも咲き始めています。

ボタンの根元を飾るのは、ハボタンの黄色い花とノースポールやオルレア、スパラキシスの白い花々にオレンジ色のキンセンカ等々。

病院前花畑2650

病院前花畑(はなのえき)2650
2024.04.15

スパラキシス、ノースポール、キンギョソウ、ハボタン、ヤグルマギク、フランスギクが咲き、ボタンが花芽を付けています。

百花繚乱の季節を迎えます。

病院前花畑2649

病院前花畑(はなのえき)2649
2024.04.15

ネモフィラが入口奥で夢見ています。

病院前花畑2648

病院前花畑(はなのえき)2648
2024.04.09

担当者からチューリップを植える予定と聞いていた入口前の円形花壇。

赤、ピンク、黄色のチューリップとネモフィラのブルーが可愛い花壇です。

白いのは何かな・・?

奥ではキンセンカやネモフィラが広がっています。

病院前花畑2647

病院前花畑(はなのえき)2647
2024.04.09

カラフルコーナーを見守るのはジャーマンアイリス・アメジスト。

ここはフリルクリームだけと思っていたらアメジストもありました。

カラスノエンドウの海の中で咲いています。

病院前花畑2646

病院前花畑(はなのえき)2646
2024.04.09

角の円形コーナーは色の散らばりが綺麗です。

赤、ピンク、黄色のチューリップ。

黄色の香りの良いスイセン。

赤と青紫のアネモネ。

笑顔こぼれる一画です。

病院前花畑2645

病院前花畑(はなのえき)2645
2024.04.09

シダレモモに続く歩道脇は赤紫、ピンク、黄色のチューリップが並びます。

病院前花畑2644

病院前花畑(はなのえき)2644
2024.04.09

シダレモモが満開です!

ネモフィラ、カンザキハナナと相俟って今年もここは桃源郷!

病院前花畑2643

病院前花畑(はなのえき)2643
2024.03.22

モノレール橋脚の南側では、大株のカンザキハナナが綺麗です。

青空を存分に楽しむカンザキハナナ。

明日からは暫く雨続き。

菜種梅雨です。

病院前花畑2642

病院前花畑(はなのえき)2642
2024.03.22

アネモネ、ノースポール。

春が足踏みをしている中で寒気に負けずに咲く花々です。

病院前花畑2641

病院前花畑(はなのえき)2641
2024.03.22

今年はキンセンカがあちこちで目立ちます。

オレンジ一色の昔ながらのキンセンカ。

新しい阪大病院が出来上がっていくのを眺めています。

段々背が高くなっていく新病院。
景観が変わります。

病院前花畑2640

病院前花畑(はなのえき)2640
2024.03.22

踊りハボタンのユーモラスな姿を楽しむポイントカラーのチューリップ。

病院前花畑2639

病院前花畑(はなのえき)2639
2024.03.22

奥の赤いクリスマスローズも見事!

真っ白なシルバーチャイムも見事!

病院前花畑2638

病院前花畑(はなのえき)2638
2024.03.22

入り口脇のクリスマスローズが華やかです。

ピンクと白のサクラソウが「おはよう。寒いね」

「寒の戻だね。桜の開花も遅れるね」と、クリスマスローズも俯きながら微笑みます。

病院前花畑2637

病院前花畑(はなのえき)2637
2024.02.28

久し振りにメンバーを見掛けました。
三重県の枝垂れ梅の名所を見てきて、梅の下に水仙が咲き、さらにその周囲に咲く姫立金花が良かったと言い、親指の付け根の膨らんだ痛みに気を付け乍ら、歩くところに出ているヒメリュウキンカを抜いて花壇へ植えようと頑張るメンバーと、それを見守るメンバー。

三重県の枝垂れ梅の名所は、なばなの里、鈴鹿の森庭園、野口庭園、結城神社、いなべ市梅林公園、松阪市田口公園、かざはやの里等々、沢山あってびっくり。どこもとびっきりの美しさ。下に水仙があるのは、なばなの里のようです。

病院前花畑2636

病院前花畑(はなのえき)2636
2024.02.21

スイセンに囲まれてデージーが咲いています。

どこも其々の担当者の努力が光ります。

病院前花畑2635

病院前花畑(はなのえき)2635
2024.02.21

踊りハボタンのオンパレード。

苔の様に広がったセダムのグランドカバーですっかり落ち着いた歩道脇です。

病院前花畑2634

病院前花畑(はなのえき)2634
2024.02.21

ホスピタルパーク池端花壇の池向こうではクリスマスローズが咲き、オタフクナンテンが彩を添えています。

病院前花畑2633

病院前花畑(はなのえき)2633
2024.02.21

踊りハボタン、ストック、観賞用トウガラシ、コキアと紫系の花々が並ぶ中央分離帯です。

病院前花畑2632

病院前花畑(はなのえき)2632
2024.02.21

まあ!

ネモフィラ!!

阪大病院入口前の中央分離帯でもう咲いています。

病院前花畑2631

病院前花畑(はなのえき)2631
2024.02.21

クロッカスがふっくらとしてきました。

病院前花畑2630

病院前花畑(はなのえき)2630
2024.02.21

ミモザが色付き始めました!!

病院前花畑2629

病院前花畑(はなのえき)2629
2024.02.21

冬咲きのゼニアオイは貴重です。

病院前花畑2628

病院前花畑(はなのえき)2628
2024.02.21

雨の降る中でも鮮やかなオレンジ色を広げるキンセンカです。

病院前花畑2627

病院前花畑(はなのえき)2627
2024.02.01

スイセン、ハボタン、パンジー、ノースポール。

冬の彩です。

病院前花畑2626

病院前花畑(はなのえき)2626
2024.01.23

モノレール橋脚南側の枯れ始めたキクを切るメンバーです。

「お散歩に出て来たけど、ここへ来たらすることが沢山あって」と、こまめに手を動かします。

病院前花畑2625

病院前花畑(はなのえき)2625
2024.01.23

シダレモモの前のカンザキハナナが咲きました。

春を呼ぶ黄色です。

病院前花畑2624

病院前花畑(はなのえき)2624
2024.01.23

駐車場歩道脇でニホンスイセンがずらりと咲きました。

職員さんが「私たちが癒されています」と仰ってくださったのを思い出します。

病院前花畑2623

病院前花畑(はなのえき)2623
2024.01.08

オレンジ朱色や明るい珊瑚色と言われるバラ・ニューアベマリアが、時々霰が降る新春に元気に咲いています。

「この色が好き」といつも言うメンバーも、あちこち痛い所を抱えながらも元気に作業に出ています。

病院前花畑2622

病院前花畑(はなのえき)2622
2024.01.08

アイスバーグを望まれ、みのり橋南角花畑で育った幼苗を抜いて来ると、2名のメンバーが作業していました。

一人は奥の花壇で増えたミニアガパンサスを掘り起こす力仕事。ミニアガパンサスは日本庭園前花畑の担当者に連絡して必要なら引き取ってもらうとのこと。

この活動をしていると、苗や種はどうするの?と尋ねられますが、増えた苗や種を譲り合うことで花壇や花畑の多くが出来ています。

病院前花畑2621

病院前花畑(はなのえき)2621
2024.01.05

歩道脇ではコキアがオタフクナンテンと同じ色になり、その手前には紫と白のアリッサムが並びます。

更に手前では、踊りハボタンが咲き続けるコスモスに「すいぶん長く咲いているね~」と笑顔で語り掛けます。

病院前花畑2620

病院前花畑(はなのえき)2620
2024.01.05

ホスピタルパークの池端花壇にはミニ門松やラミネートされた迎春の札や水引の飾りが4か所ほどあります。
 担当者が楽しい気持ちで飾り付けをした様子が見えるようです。
 ご覧になられる方々もほっこりされることでしょう。

年明けから地震、事故、火災と相次ぎ、被災された方々、救助救援の人々に思いを馳せると共に、落命された方々のご冥福をお祈り致します。
 能登地方は大きく隆起して港が機能できなくなった場所もあるとのこと。絶え間なく動く星の上に生きていることを感じます。

病院前花畑2619

病院前花畑(はなのえき)2619
2023.12.09

あら、ごめんなさい。

三人とも笑顔の瞬間はこの直後でした。

16時過ぎの逆光でよく見えずに撮りました。

池南に籠り、メンバーに会うのは久し振り。

短時間で情報交換し、自転車の前後の籠に満載のナノハナを池南へ植えに行きました。

大きくなったパンパスグラスが周囲の花々と楽し気に師走を飾ります。

病院前花畑2618

病院前花畑(はなのえき)2618
2023.11.29

府道の歩道から見て、あの赤い花は何だろうと思ったので見に来ました。

ダリアでした。

赤い可愛いダリア。

沢山咲いています。

病院前花畑2617

病院前花畑(はなのえき)2617
2023.11.25

黄色いキクとマリーゴールドが仲良く咲いています。

24日金曜日は午前中、消防設備の避難器具点検で在宅、午後は茨木カンツリー倶楽部ミニコンサートへ古い山の友と行きました。

茨木市音楽芸術協会女声アンサンブル・ローゼンバウムによる秋の調べは、窓外の紅葉をバックに馴染みのある曲が続き、素晴らしい一時でした。

メンバーが積極的・自主的にあちこちの花畑を受け持つようになり、ゆっくりした時間を持つゆとりができました。

病院前花畑2616

病院前花畑(はなのえき)2616
2023.11.25

フェンスに絡まるこの花は何だろうと長い間思っていました。

ネットで調べると、ソケイ(素馨)。

モクセイ科ソケイ属。
香りがよく、ハゴロモジャスミンも同属。

名前の由来は、中国、五代十国時代の劉隠の侍女に素馨という名の少女がいて、死んだ彼女を葬った場所に素馨の花が咲き、いつまでも香りがあったという伝説が由来という説や、花の色が白く(素)、良い香り(馨)がする花という意を語源とする説もあるとのこと。

病院前花畑2615

病院前花畑(はなのえき)2615
2023.11.25

奥の方では白いキクが咲き、ピンクの大きなヒャクニチソウが色を残しています。

奥まで見渡せるのは担当者やお手伝いのメンバーのお蔭。感謝感謝。

病院前花畑2614

病院前花畑(はなのえき)2614
2023.11.25

阪大竹藪空き地です。

今年もここのカンアヤメが一番に咲きました。

病院前花畑2613

病院前花畑(はなのえき)2613
2023.11.22

シュウメイギク・ダイアナが晩秋を彩ります。

6月頃にも少し咲いていましたが、流石に本番の秋は咲き揃って見事です!!

春の枝垂れ桃、ネモフィラといい、ここは本当に桃源郷。

荒れ地だったここをここまでにした担当者に感謝。

駐車場をお使いの阪大の職員さんから「癒されています」と嬉しい反応があるのも励みになります。

病院前花畑2612

病院前花畑(はなのえき)2612
2023.11.22

新しい色の帽子を被ってスイセンコーナーを綺麗に除草している担当者です。

病院前花畑2611

病院前花畑(はなのえき)2611
2023.11.22

友人から送られたという食用菊「もってのほか」が咲いています。
日中はもっと開いているとのこと。

ネットによると 山形県など東北の地域で栽培されていて、独特の風味や味のよさだけでなく、淡い紫の花弁が美しいため「食用菊の王様」「横綱」と称され、人気の高級食用菊とのこと。
 食用菊は青森に黄色の「阿房宮(あぼうきゅう」があり、小輪種で、おもに生の状態で刺身などの料理に添えるつま飾りとして使われているとのこと。  黄色いのは、刺身のつまでスーパーでもよく見かけます。

病院前花畑2610

病院前花畑(はなのえき)2610
2023.11.22

オレンジに赤のグラデーションの大株のジニアが入口正面の円形花壇で咲いています。

「チューリップを植えようと思うけど、まだ咲いているから~」と担当者。

近道階段下花壇の大石から駐輪場北側迄の除草をしているメンバーもいて、あちこちで次々と楽しい構想を胸に活躍しています。

病院前花畑2609

病院前花畑(はなのえき)2609
2023.11.16

いつも咲いている笑顔のバラは、益々沢山の花を咲かせています。

下を飾るのは輝くマリーゴールド。

穏やかな静かな時間。

戦いの続く場所へ分けてあげたい平和。

泣き叫ぶ子供たちを笑顔にするのは大人の責務。

病院前花畑2608

病院前花畑(はなのえき)2608
2023.11.16

花期の長いカンナ、マリーゴールドが秋を満喫しています。

病院前花畑2607

病院前花畑(はなのえき)2607
2023.11.16

晩秋の昼下がり。

病院前花畑2606

病院前花畑(はなのえき)2606
2023.11.06

ハゲイトウに似た色の花。
植えたメンバーに名を尋ねるとブーゲンビリア。今年初登場です。

ネットによると、
 ブーゲンビリアは、オシロイバナ科ブーゲンビリア属で南アメリカに14種が分布するつる性の樹木。
 和名はイカダカズラ、ココノエカズラ。
 美しい色で花びらのように見えるのは苞と呼ばれる葉の一部。
 花の本体は先端が開いた筒状の部分ですが本来の花びらは持たず筒状部も萼。
 属名はフランスの探検家ブーゲンビルの名前にちなむとのこと。

病院前花畑2605

病院前花畑(はなのえき)2605
2023.11.06

ホトトギスが秋を満喫しています。

病院前花畑2604

病院前花畑(はなのえき)2604
2023.11.06

ホスピタルパーク池端花壇です。

ワレモコウが雨の雫の波紋が広がる池を眺めています。

吾亦紅 われまた同じ 紅をさす

もう30年も前の句会で詠まれた俳句をいつも思い出します。

病院前花畑2603

病院前花畑(はなのえき)2603
2023.11.06

駐輪場東側です。

懐かしのホウセンカが咲いています。

同じメキシコ原産のジニアとマリーゴールドが仲良くホウセンカを眺めて「あなたはどこから来たの?」と尋ねます。

「わたしはインドから中国南部が原産地なの。 中国名の鳳仙花をそのまま音読みにしてもらっているの。花の形が鳳凰が羽ばたいている姿になぞらえたんですって」と応えます。

でも、みんな花畑から来た仲間たちです。

病院前花畑2602

病院前花畑(はなのえき)2602
2023.11.06

竹藪空地です。

終わりかけのイエローエンジェル、まだ咲き続けるマリーゴールドとヒャクニチソウ。

キクが後ろで蕾を付けています。

猛暑で茶色く枯れたかに見えたツツジは、下の方から少しずつ葉を出し始め、復活の兆しが見えています。

病院前花畑2601

病院前花畑(はなのえき)2601
2023.10.25

朝、納屋横に置いてある籠を借りようと花畑前に来ました。

早朝から来ているメンバーが日陰でせっせと手を動かしています。

久し振りなので朝の挨拶をして「今日暑いね」と言うと「家を出る時寒かったから着込んできたら暑くて日陰にいたの」と笑顔。

暫くアナベルやマリーゴールドの話をしていると、駐輪場南花畑の担当者が「ガラ整理をしたいんだけど」と来たので一緒にカンナやジャスミン等の残渣を袋に入れてプラザ前の畝づくりに使いました。

病院前花畑2600

病院前花畑(はなのえき)2600
2023.10.21

今年も昇天する龍の様なアメジストセージが健在です。

病院前花畑2599

病院前花畑(はなのえき)2599
2023.10.21

赤いハゲイトウに混じった1本の黄色と黄緑のハゲイトウが目を引きます。

色違う ことは喜び 葉鶏頭

病院前花畑2598

病院前花畑(はなのえき)2598
2023.10.21

バラ・ニューアベマリアとガーベラ。

同じような色で同じような方向を向いて咲いています。

何を見ているのかな?

そうか、太陽ね。

植物は太陽を見ても目が痛まないものね。

病院前花畑2597

病院前花畑(はなのえき)2597
2023.10.21

チョウセンアサガオの白さが冴えます。

病院前花畑2596

病院前花畑(はなのえき)2596
2023.10.13

ケイトウとハゲイトウ。

何か懐かしい田舎の庭。

朝晩は寒さを感じ、日中は夏日になる日もある寒暖差の激しい日々。

体調を整えつつ作業に出る今日この頃です。

病院前花畑2595

病院前花畑(はなのえき)2595
2023.10.13

まあ!シロバナヒガンバナ!

入り口近くで初めて見ました。

病院前花畑2594

病院前花畑(はなのえき)2594
2023.10.11

まあ!ダリアの様な赤いヒャクニチソウ。

後ろのハゲイトウとも良く似合います。

病院前花畑2593

病院前花畑(はなのえき)2593
2023.10.11

病院前北側ツツジ枡の歩道脇はメンバーたちの努力でタマスダレが真っ白に咲きました。

病院前花畑2592

病院前花畑(はなのえき)2592
2023.10.07

花畑の中央部で秋色に囲まれて長時間にわたって手入れをするメンバー二人です。

気候が良くなると体も楽で作業が長続きします。

病院前花畑2591

病院前花畑(はなのえき)2591
2023.10.07

モノレール橋脚の南側はキバナコスモスが取り除かれて中がすっきり見えるようになりました。

オキザリス・ボーウィ、ゼラニウム等が綺麗に咲いています。

病院前花畑2590

病院前花畑(はなのえき)2590
2023.10.07

入口を入った円形花壇のジニアでヒメアカタテハが2頭並んで吸蜜しています。

今日は蝶がよく飛び交っています。

病院前花畑2589

病院前花畑(はなのえき)2589
2023.09.30

9時32分。

昨夕暗くなるまで除草していたメンバーが、今朝は茨木市配布の花を受け取り、各花壇へ分配する段取りをしています。

ここへ来る途中で寄った、ゆたか橋北東花畑の担当者も既に早朝作業を済ませて帰宅。

皆80歳前後のメンバーたち。
たゆまぬ努力に感謝。

挨拶と近況報告を手短に交わして、なかなか終わらないみのり橋北詰斜面整備作業へ向かいました。

病院前花畑2588

病院前花畑(はなのえき)2588
2023.09.29

こちらでも黙々と除草するメンバー。

みんな暗くなるまで頑張ります。

みのり橋北詰斜面の整備が終盤になり、ほどほどにして切り上げて来ましたが、「お先に失礼します」と声を掛けるのもはばかられるほど集中して作業するメンバーたちです。

今日は満月の中秋の名月で快晴。

綺麗な月を愛でながらの帰宅になるでしょう。

病院前花畑2587

病院前花畑(はなのえき)2587
2023.09.29

18時13分。

まだせっせと除草するメンバーです。

帰宅時は暗くなるでしょう。

遠方なので気を付けてねと祈ります。

病院前花畑2586

病院前花畑(はなのえき)2586
2023.09.29

ノカンゾウの開花時期は7~8月。

ハマカンゾウの開花時期は7~10月。

これはハマカンゾウなのでしょう。

キバナコスモスやタマスダレと一緒に阪大病院前北ツツジ枡で咲いています。

病院前花畑2585

病院前花畑(はなのえき)2585
2023.09.28

ガードレール下のタマスダレが白く花畑を縁取ります。

花壇周囲のタマスダレも輝きます。

朝から雨を含んだ雲が漂い、時々降ったり日が差したり。夕方にはざっと強い雨。

その中で「雨はあてにならん」と潅水するメンバー。笑って見守るメンバー。

楽しい日々が続きます。

病院前花畑25824

病院前花畑(はなのえき)2584
2023.09.26

鮮やかなハゲイトウ、マリーゴールド、キバナコスモス、ピンクのゼラニウム。

華やかな秋の花畑です。

病院前花畑2583

病院前花畑(はなのえき)2583
2023.09.26

スイフヨウが僅かに色付き始めた12時45分。

みのり橋北斜面のハードな整備作業の午前の作業を終えてホッとして花畑に目を遣ると幸せそうに咲く花々が癒してくれました。

午後は買い物予定でしたが体が動かず代わりに家の者に行ってもらうなど、きつい作業の後はダウンすることが増えました。

病院前花畑2582

病院前花畑(はなのえき)2582
2023.09.25

昼下がりの花畑で秋の花々に囲まれて作業するメンバーです。

つるべ落としの秋の陽は18時半近くになるともう暗くなりますが、「なかなか来れないので」と駐輪場のライトを頼りに、せっせと手を動かすメンバーもいます。

三々五々、来れる時に来て担当場所を綺麗にしているメンバーに感謝感謝。

病院前花畑2581

病院前花畑(はなのえき)2581
2023.09.24

花畑の南端では咲き乱れるチョウセンアサガオ、イエローエンジェル、キバナコスモス、ヒャクニチソウが綺麗です。

病院前花畑2580

病院前花畑(はなのえき)2580
2023.09.24

久し振りにすっきりと晴れた朝。

空色のアサガオと濃いオレンジのルコウソウが支柱に絡まって咲いています。

奥の黄色いカンナが「おはよう」と声を掛けます。

暑さ寒さも彼岸まで。

朝夕涼しくなりました。

病院前花畑2579

病院前花畑(はなのえき)2579
2023.09.20

ヒメアカタテハが薄ピンクのヒャクニチソウでゆっくりお食事中。

今日はモノレール駅下に自生して大きくなり、花壇や歩道に覆いかぶさるナンキンハゼ、アカメガシワ等を根元から70cm程の高さで切りました。

担当者は伐採した木の枝払いをして大4袋に詰め、綺麗に掃き掃除をしました。
後日、みのり橋下へ運びます。

木は薪にするか、運べる程度に切り、みのり橋下へ運び、みのり橋下の整備残渣と共に大阪府に処理して頂く予定です。

病院前花畑2578

病院前花畑(はなのえき)2578
2023.09.20

お隣では、ヒャクニチソウとタマスダレの共演にマリーゴールドが顔を出しています。

病院前花畑2577

病院前花畑(はなのえき)2577
2023.09.20

近道階段下花壇です。

タマスダレとマリーゴールドのコラボレーションにバーベナが顔を出しています。

病院前花畑2576

病院前花畑(はなのえき)2576
2023.09.18

ガードレール下や花壇のタマスダレが咲き揃いました。

美しい秋の始まりです。

病院前花畑2575

病院前花畑(はなのえき)2575
2023.09.18

三尺バーベナで並んで吸蜜するモンキチョウとキアゲハ。

「美味しいね」「うん、美味しいね」と2頭の会話がきこえそうです。

病院前花畑2574

病院前花畑(はなのえき)2574
2023.09.18

病院前北側ツツジ枡です。

数日前からメンバー数人で除草を頑張り、タマスダレが見事に咲き揃いました。

病院前花畑2573

病院前花畑(はなのえき)2573
2023.09.13

東端ではキンミズヒキがちらちら輝きます。

池の鯉 金水引や 覗きけり

病院前花畑2572

病院前花畑(はなのえき)2572
2023.09.13

池端東側花壇です。

ガウラがこんもりと咲いている下でヨメナやタマスダレが咲いています。

病院前花畑2571

病院前花畑(はなのえき)2571
2023.09.13

ホスピタルパークの池端西側花壇です。

ミソハギと宿根ヒマワリの根元でタマスダレが咲いています。

病院前花畑2570

病院前花畑(はなのえき)2570
2023.09.13

スイフヨウ、トケイソウ、ルコウソウ。

真夏日の続く中で咲いています。

後始末の大変な蔓性植物ですが、それを受け入れて咲かせているメンバーに感謝。

スイフヨウも毎年根際で切り残渣処理をしているメンバーに感謝。

花畑とその周辺がメンバーのたゆまぬ努力で整備されています。

病院前花畑2569

病院前花畑(はなのえき)2569
2023.08.13

ケイトウが随分大きくなりました。

病院前花畑2568

病院前花畑(はなのえき)2568
2023.08.13

まあ!

サルスベリが増えています!

猛暑を和らげる色です。

担当者の嬉しい気持ちが伝わります。

病院前花畑2567

病院前花畑(はなのえき)2567
2023.08.13

駐車場歩道脇ではピンクのゼラニウム、三尺バーベナ、ヒャクニチソウ、オリヅルランが並びます。

病院前花畑2566

病院前花畑(はなのえき)2566
2023.08.13

花畑から顔を出した半蔓性のバラ。

花は夏なのにしっかりした大きさで咲いています。

病院前花畑2565

病院前花畑(はなのえき)2565
2023.08.13

歩道脇で色とりどりのポーチュラカが広がりました。

病院前花畑2564

病院前花畑(はなのえき)2564
2023.07.28

雷鳴が大きくなり、日本庭園前花畑から急いで帰ってくると、担当花壇でせっせと手を動かすメンバーがいました。

期待した雨はパラッとしか降らず残念。

茨木市でも中央部では傘をさすほどの雨が降ったとのこと。

病院前花畑2563

病院前花畑(はなのえき)2563
2023.07.28

ヨッ!

花畑三人娘!!

とびっきりの笑顔です!!!

花々も嬉しそう。

病院前花畑2562

病院前花畑(はなのえき)2562
2023.07.25

2年目のサルスベリ。

ミモザに抱かれるようにして咲いています。

三尺バーベナやゼラニウムが「今年も会えましたね」と嬉しそう。

病院前花畑2561

病院前花畑(はなのえき)2561
2023.07.19

担当者購入のケイトウと茨木市配布のコリウスが仲良く並んでいます。

職員用駐車場歩道脇なので職員の方が「コロナの頃は特に私たちが癒されました」とメンバーの励みになる言葉を頂戴しました。

メンバーは皆高齢になりますが、嬉しい反応を頂きながら頑張って続けています。

病院前花畑2560

病院前花畑(はなのえき)2560
2023.07.13

ホスピタルパークの池端花壇東側です。 

アジサイ・テマリテマリが咲き、カサブランカが香ります。

病院前花畑2559

病院前花畑(はなのえき)2559
2023.07.13

竹藪空き地です。

夏は顔も覆って全身防御で望む除草です。

病院前花畑2558

病院前花畑(はなのえき)2558
2023.07.13

近道階段下花壇です。

ヒャクニチソウやルドベキアに、今年初めて咲いた真っ白なハマユウが「初めまして、よろしくね」とご挨拶。

病院前花畑2557

病院前花畑(はなのえき)2557
2023.07.13

ルドベキアが大きくなるのを夢見ています。

病院前花畑2556

病院前花畑(はなのえき)2556
2023.07.13

駐輪場東花壇です。

真っ赤なグラジオラスが白いフェンスに映えます。

病院前花畑2555

病院前花畑(はなのえき)2555
2023.07.06

近道階段下です。

担当者の努力でマリーゴールドやヒャクニチソウが咲いています。

昨日、職員駐車場歩道脇の担当者から電話があり、担当場所の変更と残渣処理について阪大病院へ連絡に行きました。

阪大病院のボランティア担当者と現地確認している時に「とっても助かっているんですよ」と嬉しい反応がありました。

メンバーが喜びます。

病院前花畑2554

病院前花畑(はなのえき)2554
2023.07.05

キキョウやルドベキア、ニオイバンマツリ、赤いグラジオラスや白いダリア等々に囲まれて、リアトリス(ユリアザミ)が塔の様に咲いています。

少し離れた場所の赤みを帯びたボタンの葉とアガパンサスが「綺麗ですね」と眺めています。

病院前花畑2553

病院前花畑(はなのえき)2553
2023.07.05

ニコニコ咲いている花たち。

写真を撮る人、眺める人、沢山の人を和ます花々。

メンバーの努力が報われます。

病院前花畑2552

病院前花畑(はなのえき)2552
2023.07.05

まあ!グロリオサ!!

揺らめく炎の様な独特な花弁。

巻きひげが出ているのも特徴的。

アナベルやアガパンサスが「今年も無事に咲いたね」とご挨拶。

病院前花畑2551

病院前花畑(はなのえき)2551
2023.07.05

真っ白なミニアガパンサスに寄り添うブルーのアガパンサス、少し緑がかってきたアナベル、黄色のグラジオラスや赤いカンナ等々。

こんもりとしてきたスイフヨウが嬉しそうに見渡します。

病院前花畑2550

病院前花畑(はなのえき)2550
2023.06.23

ここのガウラは白と濃いピンク。

グラジオラスもルドベキアも目を真ん丸くして「ガウラさん!2色あるのね!!」と話し掛けます。

ガウラは「いつの間にかこうなっちゃったの~」と、ゆらゆら揺れながらお返事。

病院前花畑2549

病院前花畑(はなのえき)2549
2023.06.23

オカトラノオが白い尻尾を見せています。

病院前花畑2548

病院前花畑(はなのえき)2548
2023.06.23

西ツツジ枡角でヒマワリがすらりと伸びて堂々と咲いています。

病院前花畑2547

病院前花畑(はなのえき)2547
2023.06.22

歩道脇花壇や病院入口前中央分離帯で早咲きコスモスが咲いています。

病院前花畑2546

病院前花畑(はなのえき)2546
2023.06.22

ブルーのアガパンサスや黄色のルドベキアがあちこちの花壇で梅雨空を飾ります。

病院前花畑2545

病院前花畑(はなのえき)2545
2023.06.22

花畑では白いミニアガパンサスが蕾を膨らませています。

病院前花畑2544

病院前花畑(はなのえき)2544
2023.06.22

東端ではユリ類が咲いています。

病院前花畑2543

病院前花畑(はなのえき)2543
2023.06.22

東側ではアジサイが満開。

病院前花畑2542

病院前花畑(はなのえき)2542
2023.06.22

臙脂のアリュームが樽型鉢に植えられて仲間入り。

病院前花畑2541

病院前花畑(はなのえき)2541
2023.06.22

阪大病院ホスピタルパークの池端花壇の西端です。

驚き色のカラー、蕾を膨らませたキキョウ、アジサイと続きます。

病院前花畑2540

病院前花畑(はなのえき)2540
2023.06.16

モノレール橋脚南側ではグラジオラスが咲き始め、赤いダリア、ガクアジサイが楽し気に見守ります。

病院前花畑2539

病院前花畑(はなのえき)2539
2023.06.16

担当者の努力で真っ白なアナベルがあちこちに増えて立派に咲いています。

感謝感謝。

アルストロメリアやバラも嬉しそうに寄り添います。

病院前花畑2538

病院前花畑(はなのえき)2538
2023.06.16

花畑ではピンクのタチアオイが天辺までもう少し。

黄色のスカシユリ、アガパンサス、カシワバアジサイ、バラ・クイーンエリザベス、イエローエンジェルが梅雨の晴れ間を楽しんでいます。

病院前花畑2537

病院前花畑(はなのえき)2537
2023.06.16

ウズアジサイの薄ピンクや紫。

担当者の努力が報われています。

病院前花畑2536

病院前花畑(はなのえき)2536
2023.06.16

マツバギクと同じピンクのアジサイも可愛い。

病院前花畑2535

病院前花畑(はなのえき)2535
2023.06.16

今年も爽やかブルーのアジサイが咲いています。

病院前花畑2534

病院前花畑(はなのえき)2534
2023.06.16

こちらは目を引くピンクのカラー。

病院前花畑2533

病院前花畑(はなのえき)2533
2023.06.16

歩道脇花壇で黄色いカラーが綺麗です。

病院前花畑2532

病院前花畑(はなのえき)2532
2023.06.01

ルリトラノオ、三尺バーベナ、サルビア・ファリナセア等、紫系の花が涼やかです。

病院前花畑2531

病院前花畑(はなのえき)2531
2023.06.01

オレンジ色のスカシユリがニゲラの種の風船やオルレアに囲まれて咲き始めています。

病院前花畑2530

病院前花畑(はなのえき)2530
2023.06.01

早々と咲いた濃い赤からクリーム色のスカシユリへバトンが渡されます。

病院前花畑2529

病院前花畑(はなのえき)2529
2023.06.01

まあ!

素適なピンクのカラー。

紫のバーベナ・テヌイセクタやムラサキゴテン、ピンクのイモカタバミとも良く似合っています。

病院前花畑2528

病院前花畑(はなのえき)2528
2023.06.01

梅雨の合間の優しい日差しが花々に降り注ぐ花畑です。

病院前花畑2527

病院前花畑(はなのえき)2527
2023.06.01

オルレアに溶け込むような白い服で作業するメンバーです。

病院前花畑2526

病院前花畑(はなのえき)2526
2023.05.25

覆輪の赤いゼラニウムとオルレアが綺麗な一画です。

病院前花畑2525

病院前花畑(はなのえき)2525
2023.05.25

マンネングサのグランドカバーからオルレア、ニゲラ、ガーベラ、スターチス、ゼラニウムが立ち上がリ気持ちよさげ。

病院前花畑2524

病院前花畑(はなのえき)2524
2023.05.25

ピンクのタチアオイの足元をアマリリス、オルレアが飾ります。

アジサイやタチアオイが咲き、花々は早い梅雨を知らせています。

病院前花畑2523

病院前花畑(はなのえき)2523
2023.05.25

賑やかに咲く白のホタルブクロ。

キキョウ科の植物が目を引きます。

病院前花畑2522

病院前花畑(はなのえき)2522
2023.05.25

紫のカンパニュラが初夏の空に鐘を鳴らします。

ブルーのニゲラが耳を澄ませます。

病院前花畑2521

病院前花畑(はなのえき)2521
2023.05.25

カシワバアジサイが大きな円錐をにょきにょき出しています。

天に届けとばかりに伸びたクイーンエリザベスのシュートの先の花束が満開です。

病院前花畑2520

病院前花畑(はなのえき)2520
2023.05.25

真っ白な中にガーベラと同じ色のバラが咲いています。

オルレアから白のバトンを受け取るアナベルがスタンバイしています。

病院前花畑2519

病院前花畑(はなのえき)2519
2023.05.25

フェエンスを挟んで両側がオルレアで真っ白。

病院前花畑2518

病院前花畑(はなのえき)2518
2023.05.25

病院前南西ツツジ枡角の鉢植えが並ぶ場所です。

この花は何?

担当者さ~ん、名札をつけてくださ~い!

病院前花畑2517

病院前花畑(はなのえき)2517
2023.05.15

「綺麗!」と、皆思って通ります。

病院前花畑2516

病院前花畑(はなのえき)2516
2023.05.15

気持ちよく晴れた月曜日。

土日と雨が断続的に降り続きましたが、様々置かれた鉢をよく見て、水の足りなそうな鉢を見つけては潅水する担当者です。

病院前花畑2515

病院前花畑(はなのえき)2515
2023.05.15

竹藪空き地でもオルレアが広がり、フェンスの中がレースの装いで華やぎます。

病院前花畑2514

病院前花畑(はなのえき)2514
2023.05.08

ゼニアオイ、ヤグルマギク、オルレアのパステルカラーが花畑中央部に広がります。

病院前花畑2513

病院前花畑(はなのえき)2513
2023.05.08

てんこ盛りに咲いたニオイバンマツリ。

白と紫が心地よいハーモニー。

病院前花畑2512

病院前花畑(はなのえき)2512
2023.05.08

黄色というよりオレンジ色の小さなジャーマンアイリス。

ちょっと変わっていて、ちょっといい。

病院前花畑2511

病院前花畑(はなのえき)2511
2023.05.08

フェンスの両側でバラやオルレアが咲いています。

思ひ載せ 百花繚乱 地球号

病院前花畑2510

病院前花畑(はなのえき)2510
2023.05.08

ホスピタルパークの池端花壇です。

池向こうでジギタリスやバラ、オルレア等が咲いています。

担当者の1人が奥様と一緒にお散歩、池前ベンチで一休み中。

「今日も作業されたの?」と聞くと「朝方まで雨だったから中止」と、ゆっくりされた様子。

「ジギタリスが咲き始めましたよ」と嬉しそう。

病院前花畑2509

病院前花畑(はなのえき)2509
2023.05.06

モノレール橋脚南側でもフランスギクが広がり、フリルクリームが点々と咲いています。

7年ほど前に亡くなったメンバーの植えていたフランスギクが大きく広がりました。

病院前花畑2508

病院前花畑(はなのえき)2508
2023.05.06

入口南側です。

「いつも歩道の方を歩いていましたが、奥にお花が見えたので来てみました。アオイ(ゼニアオイ)が懐かしいです。昔はどこの庭にもあったのに、今は見られなくなって・・」と暫し眺めて行かれました。

5月は百花繚乱の季節。

黄色系のミニジャーマンアイリス、ニオイバンマツリ等も咲き、美しい花畑になりました。

病院前花畑2507

病院前花畑(はなのえき)2507
2023.05.06

スイートピーの裏側へ入ると、オルレアとフランスギクが広がり、黄色いアヤメが鮮やかです。

ニゲラの葉がふわふわとして、数本混じるヤグルマギクのブルーや紫も効果的です。

病院前花畑2506

病院前花畑(はなのえき)2506
2023.05.06

入口の北側です。

スイートピーの足元をフランスギクやオルレアが白く彩ります。

フェンス際ではガーベラやイエローエンジェルも加わりました。

病院前花畑2505

病院前花畑(はなのえき)2505
2023.05.06

ビオラ、ミニバラ、ビジョナデシコ、フレンチラベンダー等々の鉢が並びます。

徐々に地植えもされ、少しずつ形が整って行きます。

病院前花畑2504

病院前花畑(はなのえき)2504
2023.05.06

おやまあ!

オルレアもびっくり!

コスモスがもう咲いています!

病院前花畑2503

病院前花畑(はなのえき)2503
2023.05.06

今日も南西ツツジ枡の除草残渣3袋を所定の場所へ置きに行った帰りに歩道脇を見ると、オルレアの間でジギタリスが咲き始めていました。

病院前花畑2502

病院前花畑(はなのえき)2502
2023.05.05

ボリジはヒメジョオン、シランと共に、5月の歌を静かに聞きます。

病院前花畑2501

病院前花畑(はなのえき)2501
2023.05.05

紫のバーベナ、フランスギクがシロバナアヤメと共に、5月の歌を合唱します。

病院前花畑2500

病院前花畑(はなのえき)2500
2023.05.05

オルレア、ヤグルマギク、ゼニアオイが咲き、担当者の努力が形になってきました。

病院前花畑2499

病院前花畑(はなのえき)2499
2023.05.05

歩道脇の竹藪空地でフランスギクやイエローエンジェルが咲き揃いました。

担当者の努力の賜物です。

以前植えられたサクラの台木のひこばえも切り、来年は益々綺麗なサクラも見られるでしょう。

密生するヌスビトハギや2m余りのセイタカアワダチソウで覆われた場所が安らぎをもたらす歩道脇になりました。

病院前花畑2498

病院前花畑(はなのえき)2498
2023.04.28

阪大病院への近道階段下の花壇では白いアヤメが咲き始めています。

病院前花畑2497

病院前花畑(はなのえき)2497
2023.04.28

幸せな花畑。

病院前花畑2496

病院前花畑(はなのえき)2496
2023.04.28

クリスマスローズ、フランスギク、白とアメジストとブルーのジャーマンアイリス、笑顔のバラと赤いスイートピー。

径から見た花畑。

病院前花畑2495

病院前花畑(はなのえき)2495
2023.04.28

歩道脇から花畑へ行く径のフェンスには色とりどりのスイートピーが咲いています。

病院前花畑2494

病院前花畑(はなのえき)2494
2023.04.28

オルレアとフランスギクの白をバックにクリーム色のジャーマンアイリスが咲き始めました。

病院前花畑2493

病院前花畑(はなのえき)2493
2023.04.28

フランスギクの北側はオルレアの白が広がっています。

病院前花畑2492

病院前花畑(はなのえき)2492
2023.04.28

ピンクのカーネーションと赤い八重咲のアネモネの間をボリジの淡いブルーが埋めています。

病院前花畑2491

病院前花畑(はなのえき)2491
2023.04.28

フェンス脇に並んだフランスギクが気持ちよさげ。

病院前花畑2490

病院前花畑(はなのえき)2490
2023.04.28

大きな株のホットリップスがフェンスを赤く染めました!

黄色いガザニアが少し呆けたネモフィラと種を付けたカンザキハナナに囲まれてふわふわしています。

病院前花畑2489

病院前花畑(はなのえき)2489
2023.04.28

あら!

こちらは赤のガザニア!!

スギナやカラスノエンドウも効果的で、ネモフィラもヤグルマギクも夢見心地。

病院前花畑2488

病院前花畑(はなのえき)2488
2023.04.28

まあ!

新登場のガザニア!

周りのネモフィラも興味津々で「こんにちは!」

病院前花畑2487

病院前花畑(はなのえき)2487
2023.04.28

病院前南西ツツジ枡に置いてあった除草残渣2袋を阪大所定の場所へ移動した帰りの歩道脇は、フランスギクとオルレアで白く彩られていました。

病院前花畑2486

病院前花畑(はなのえき)2486
2023.04.24

そして、見事なクレマチス。

素適な花々が並びます。

担当者は様々な大好きな花を集めているようです。

遠方からバスに乗って、ここを如何に綺麗にしようか、イメージを膨らませて夢を乗せて重い鉢を抱えて来ています。

病院前花畑2485

病院前花畑(はなのえき)2485
2023.04.24

真っ赤なミニバラもバトンを受け取っています。

病院前花畑2484

病院前花畑(はなのえき)2484
2023.04.24

南西ツツジ枡角の並んだチューリップはマーガレットへとバトンタッチしました。

病院前花畑2483

病院前花畑(はなのえき)2483
2023.04.24

赤いスイートピーの斜め後ろは白いジャーマンアイリスが優雅に咲いています。

病院前花畑2482

病院前花畑(はなのえき)2482
2023.04.24

笑顔のバラがトンネルになりました。

赤いスイートピーが嬉しそうに支えます。

足元をフランスギク等が飾ります。

病院前花畑2481

病院前花畑(はなのえき)2481
2023.04.24

スパラキシスのクリーム色が輝き、ヤグルマギクが間を埋めています。

病院前花畑2480

病院前花畑(はなのえき)2480
2023.04.24

ハボタン、ヤグルマギク、ノースポール等々が咲く中で除草に余念のないメンバーです。

病院前花畑2479

病院前花畑(はなのえき)2479
2023.04.16

入口脇のもりもりの花壇。

出番を待つオルレアと花期を終えたクリスマスローズの緑の周囲をアリッサム、キンギョソウ、パンジー、ワスレナグサ、ハボタン、リナリアが飾ります。

病院前花畑2478

病院前花畑(はなのえき)2478
2023.04.16

紫と赤のスイートピーが今年も見事に成長しました。

病院前花畑2477

病院前花畑(はなのえき)2477
2023.04.16

ボタンが満開です。

周囲に高貴な香りが流れます。

病院前花畑2476

病院前花畑(はなのえき)2476
2023.04.14

フレンチラベンダー、アネモネ、チューリップ、バラ、フユシラズ、ボリジ、マーガレット等々、様々な花の咲く歩道脇も、かつてはチガヤ等に覆われていた場所。

時々、見るに見かねたメンバーが除草をしていましたが、フェンス向こうの花畑を綺麗に見て頂くためもあり、思い切ってオタフクナンテン枡の除草残渣で自然開墾を開始。頃合いを見計らって花を植え始め、現在は2名の担当者で美しさを保っています。

様々な花に足を止め、写真を撮り、語り合って行く人々の姿を多く見かける歩道脇です。

病院前花畑2475

病院前花畑(はなのえき)2475
2023.04.14

オルレアの間を埋めるワスレナグサ等のコーナーもあります。

次々出るイネ科の植物に覆われた場所は、除草に次ぐ除草の末、オタフクナンテンも大きく育ち、担当者たちの努力で道行く人々を癒す場所に変わりました。

現在の除草担当者は、多忙にもかかわらず時間を作り、遠方より来て忙しく動き回り、重い残渣を所定の場所まで運ぶことができず、気付いたメンバーが運んでいます。

メンバー同士の連携により、美しさが保たれている歩道脇です。

病院前花畑2474

病院前花畑(はなのえき)2474
2023.04.14

ハナミズキが咲く下でオルレアが満開です。
昨年より10日余り早いようです。

多肉植物セダム・パリダムのグランドカバーの中から出た赤とピンクのチューリップが気持ち良さげに咲いています。

病院前花畑2473

病院前花畑(はなのえき)2473
2023.04.13

病院への近道階段下でアジュガとフランスギクが互いに引き立て合って嬉しそう。

病院前花畑2472

病院前花畑(はなのえき)2472
2023.04.08

駐輪場北端ではフランスギクが咲き始めています。

他にもムラサキハナナは彩を添え、ジャーマンアイリスやオルレアは花芽を上げる準備中。

無数のヌスビトハギが駐輪場に倒れ込んでいた場所が、段々綺麗な花壇になっていきます。

病院前花畑2471

病院前花畑(はなのえき)2471
2023.04.08

駐輪場東花壇です。

担当者の努力で様々な植物が植えられました。

チューリップ、笑顔のバラ、ゼニアオイ。

駐輪場に来る人たちが楽しみにされている花々です。

病院前花畑2470

病院前花畑(はなのえき)2470
2023.04.06

中央のオルレアが大きく育ち白を広げました。

冬から咲いているピンクと紫のストックが周囲を飾ります。

東端の方へ向かってパンジー、ワスレナグサ、チューリップ、ネモフィラ。

街灯に凭れ掛かるのは緑のバラ。

草に覆われた分離帯が、花々溢れる分離帯になりました。

病院前花畑2469

病院前花畑(はなのえき)2469
2023.04.05

病院へ向かう中央分離帯でも赤いチューリップが咲きました。

病院前花畑2468

病院前花畑(はなのえき)2468
2023.04.05

竹藪空き地にもチューリップがお目見えしました。

担当者の気持ちが伝わります。

以前、ここを花畑にしようとされていた人が「10年経っても草だらけ」と嘆いておられましたが、不断の努力でここまで来ました。

病院前花畑2467

病院前花畑(はなのえき)2467
2023.04.05

まあ!

小さな原種のチューリップ!!

バイカラー、グラデーション、八重咲のチューリップが並びます。

草で覆われた場所が、花の咲く場所に変わりました。

病院前花畑2466

病院前花畑(はなのえき)2466
2023.04.05

こんもりまあるい花壇です。

草で覆われた場所が、多くの人たちがカメラを向ける花畑になりました。

病院前花畑2465

病院前花畑(はなのえき)2465
2023.04.05

様々な花を載せた地球号。

幸せな世界でありますように。

病院前花畑2464

病院前花畑(はなのえき)2464
2023.04.02

益々の桃源郷。

幸せな花畑。

病院前花畑2463

病院前花畑(はなのえき)2463

2023.04.02

まあ!びっくりの八重咲きチューリップ!!

先に咲いていたチューリップもボリジも驚いて「まあ!珍しいね」「よく咲いたね」と、口々に赤い八重咲きチューリップに話し掛けます。

「どうぞよろしくね」と、赤いチューリップは笑顔で答えます。

病院前花畑2462

病院前花畑(はなのえき)2462
2023.04.02

担当者は違っても、チューリップで統一感のある花畑です。

ボリジやネモフィラのブルー、フユシラズの黄色が心地よく間を埋めています。

もしゃもしゃと間を埋めるカラスノエンドウは自然からの贈り物。
花は染料。
実はお茶。
根は窒素を固定するマメ科の植物。
利用すれば無駄のない有り難い贈り物。

病院前花畑2461

病院前花畑(はなのえき)2461
2023.04.02

鉢で咲く様々なチューリップ。

優しい色の珍しいチューリップが並んでいます。

担当者の頑張りが咲きました。

病院前花畑2460

病院前花畑(はなのえき)2460
2023.03.27

「イエローエンジェルの切り戻し枝と除草で抜けたアメジストセージがあるからどこかに植えない?」とスマホに電話があり、頂きに来ました。

電話してくれたメンバーは、あちこちに咲いたチューリップが可愛い花畑で除草中。

近況報告もして、作業中だった友紘会病院前へ戻りつつ、どこへ植えようか考え、西斜面や北斜面下へ植えたり挿し芽したり。

病院前花畑2459

病院前花畑(はなのえき)2459
2023.03.27

近道階段下花壇にもチューリップが並びました。

担当者の気持ちが伝わります。

病院前花畑2458

病院前花畑(はなのえき)2458
2023.03.27

早朝から作業するメンバーと「シダレモモが綺麗に咲いたね」と嬉しい話題になりました。

病院前花畑2457

病院前花畑(はなのえき)2457
2023.03.27

ネモフィラ、カンザキハナナ、シダレモモ。

南側のシダレモモは源平咲き。

荒れ地が桃源郷になりました。

病院前花畑2456

病院前花畑(はなのえき)2456
2023.03.27

朝日が透過して気持ちよさげなネモフィラ。

ネモフィラに 何気に加わる 土筆かな

陽の光 瑠璃唐草と 戯れて  

病院前花畑2455

病院前花畑(はなのえき)2455
2023.03.27

駐車場脇歩道に並んだ黄色と白のチューリップにフェンス向こうのカンザキハナナが驚きます。

病院前花畑2454

病院前花畑(はなのえき)2454
2023.03.23

フェンスの東西に花々が広がり、かつての西側の草で覆われた場所も花にカメラを向ける人が増え、憩いの場所になりました。

病院前花畑2453

病院前花畑(はなのえき)2453
2023.03.23

フユシラズの中のチューリップ。

担当者は上手に従来の花々と新しい花々を融合させて楽しい花壇にしています。

病院前花畑2452

病院前花畑(はなのえき)2452
2023.03.23

歩道脇のボリジの中のチューリップ。

病院前花畑2451

病院前花畑(はなのえき)2451
2023.03.23

歩道脇で1輪だけ咲いていたチューリップが10輪ほどに増えていました。

病院前花畑2450

病院前花畑(はなのえき)2450
2023.03.23

多肉植物が広がる中で、ストック、ワスレナグサ等が咲き、オルレアやハボタンが開花準備をしています

病院前花畑2449

病院前花畑(はなのえき)2449
2023.03.23

歩道脇ではフランスギク、オルレア等が並びます。

病院前花畑2448

病院前花畑(はなのえき)2448
2023.03.23

東側から見た花壇です。

紫やピンクのストック、カンザキハナナ、ティタティト等々が並びます。

病院前花畑2447

病院前花畑(はなのえき)2447
2023.03.23

大きな樽型の鉢に今年はアネモネが植えられました。

赤、ピンク、白、青紫が彩りよく咲いています。

赤紫とピンクのストックも効果的。

赤とピンクのチューリップ、黄色を受け持つのはヒメリュウキンカ。

病院前花畑2446

病院前花畑(はなのえき)2446
2023.03.23

ホスピタルパーク池端花壇西側です。

赤いアネモネやチューリップ、ピンクや紫のストック、白いユキヤナギやノースポールが並ぶなどカラフルな鉢植え植物が並び、足元にはオキザリス類が並びます。

病院前花畑2445

病院前花畑(はなのえき)2445
2023.03.17

ヒメリュウキンカやカンザキハナナの黄色い花が咲き、ヤグルマギクが開花の準備をする中で除草に余念のないメンバーです。

病院前花畑2444

病院前花畑(はなのえき)2444
2023.03.17

南西ツツジ枡の角に沢山並べてあった鉢植えの植物を地植えにしているメンバーです。

病院前花畑2443

病院前花畑(はなのえき)2443
2023.03.16

空に溶け込むボリジと寄り添うイモカタバミ。

ブルーとピンクの優しい一画です。

病院前花畑2442

病院前花畑(はなのえき)2442
2023.03.16

初めてのミモザの開花。

嬉しい開花です。

病院前花畑2441

病院前花畑(はなのえき)2441
2023.03.16

まあ!

珍しいラナンキュラス!!?

病院前花畑2440

病院前花畑(はなのえき)2440
2023.03.16

昨年末の咲き始めから4か月程。

厳しい冬を華やかに彩り咲き続けたアネモネは今、春を謳歌しています。

そこに黄色いスイセンが加わり、更に華やかさを増しました。

1株咲き残っている早咲きスイセンのペパーホワイトは終わりを告げています。

病院前花畑2439

病院前花畑(はなのえき)2439
2023.03.16

ワインレッドのチューリップ!!

駐車場へ行く角に咲いています。

病院前花畑2438

病院前花畑(はなのえき)2438
2023.03.16

春の日を浴びて楽し気なチューリップ!

病院前花畑2437

病院前花畑(はなのえき)2437
2023.03.16

多肉植物のグランドカバーが広がる中で咲くチューリップ。

その向こうに開花準備をするチューリップも並びます。

春の花壇は担当者の楽しみが詰まっています。

病院前花畑2436

病院前花畑(はなのえき)2436
2023.03.09

立ち話が終わると、其々に花壇の手入れ。

「さっき椅子に座ってみたけど座り心地が良かったわ。有難うございました」との報告もありました。

「中に入らせて頂きました。いつも綺麗にされていますね。大阪府知事賞も頂かれたのですね」と、病院通い最終日に立ち寄った人。

花々も楽し気に聞いています。

病院前花畑2435

病院前花畑(はなのえき)2435
2023.03.09

久し振りのメンバーの参加に、積もる連絡事項を伝える立ち話。

駐輪場南花畑から出た菊の苗を植えるに当たり、日本庭園前花畑を初めて開墾し、帰って来て直ぐに「気になるから」と花壇の手入れをするメンバー。

花々も生き生きとして嬉しそう。

病院前花畑2434

病院前花畑(はなのえき)2434
2023.03.08

友紘会病院前西斜面で高さ30cmに切り揃えられた枯れ松。

業者さんにチェーンソーで切って頂いただけあって、綺麗に水平になっています。

枯れているので適度に軽く移動に便利。

「丁度良い高さ」と使うメンバーにも好評。

友紘会病院さん、業者さん、有難うございました。

病院前花畑2433

病院前花畑(はなのえき)2433
2023.03.08

早朝から来てせっせと作業をしているメンバーを、開花準備を着々と進めている植物たちが嬉しそうに見守ります。

病院前花畑2432

病院前花畑(はなのえき)2432
2023.03.06

ネモフィラ・マキュラータがもう咲きました!

病院前花畑2431

病院前花畑(はなのえき)2431
2023.03.06

白・赤・ピンクと華やかなアネモネが咲き続けます。

病院前花畑2430

病院前花畑(はなのえき)2430
2023.03.06

フユシラズが春の光を転がします。

病院前花畑2429

病院前花畑(はなのえき)2429
2023.03.06

クリスマスローズは春の日差しが嬉しそう。

病院前花畑2428

病院前花畑(はなのえき)2428
2023.03.06

友紘会病院前の枯れ松椅子を4個運んでくると、光沢のあるヒメリュウキンカがあちこちの花壇で輝いていました。

椅子の残りの1個は椅子の依頼者で友紘会病院前西斜面担当者が運びました。

病院前花畑2427

病院前花畑(はなのえき)2427
2023.02.21

病院入口分離帯はストックが元気。

中央のオルレアの葉が伸びてきました。

病院前花畑2426

病院前花畑(はなのえき)2426
2023.02.21

カンザキハナナは幸せ色。

空青く 時に吹雪し 花畑

ウクライナの少女が地下壕へ避難しても俳句を作り続け、その句を黛まどかさんたちが日本語に訳して夏には句集にまとめるとのこと。

俳句を通して終戦を願い、反戦を訴える気持ちが届けば幸いですね。

病院前花畑2425

病院前花畑(はなのえき)2425
2023.02.21

ノースポールが元気に早春の空を見上げます。

病院前花畑2424

病院前花畑(はなのえき)2424
2023.02.21

花畑のあちこちにヒメリュウキンカの大株が広がっています。

 艶やかな 姫立金花 和みけり

病院前花畑2423

病院前花畑(はなのえき)2423
2023.02.18

歩道脇花壇に赤いアネモネが加わりました。

ヒジャブを被った女性がキャスター付きスーツケースを引きながらアネモネを見て「可愛いね」と笑顔。

思わず「ありがとう」と笑顔を返しました。

病院前花畑2422

病院前花畑(はなのえき)2422
2023.02.15

南端のニホンスイセンが2年目の今年は見事に並んで咲きました。

ここでも皆生き生きと早春賦のコーラス。

病院前花畑2421

病院前花畑(はなのえき)2421
2023.02.15

シダレモモの下で咲くペーパーホワイトとプランターのカンザキハナナがお話ししています。

「真っ白なペーパーホワイトさん、今日は寒いわね~」

「そうね~。でも、カンザキハナナさんの黄色を見ると暖かくなるわ」

花芽を出し始めたスイセンや、秋までじっと待つシュウメイギク・ダイアナの葉が静かに聞いています。

病院前花畑2420

病院前花畑(はなのえき)2420
2023.02.15

日当たりの良さを現すように、毎年早くから咲くフランスギクです。

病院前花畑2419

病院前花畑(はなのえき)2419
2023.02.15

ここは春のコーナー。

カンザキハナナとアネモネが春を歌います。

病院前花畑2418

病院前花畑(はなのえき)2418
2023.02.15

クリスマスローズが咲いています。

「今日は寒いわね」と俯いています。

病院前花畑2417

病院前花畑(はなのえき)2417
2023.02.15

今日は粉雪が1日中ちらちらと舞う寒い日。

堆肥枡の南側の畝で三本鍬を高々と上げて元気に作業するメンバーです。

「菊を掘り上げて草を入れて、畝を作り直して菊を植えなおすの。余った菊は別の場所に植える」と丁寧な作業の説明。

メンバーが其々できる時に、してみようと思う方法で花畑を守っています。

病院前花畑2416

病院前花畑(はなのえき)2416
2023.02.05

踊りハボタンのボタンとバラ。

足元でオルレアがスタンバイ。

ホスピタルパーク池端花壇へ行く予定が、久し振りのメンバーと情報交換、オタフクナンテン奥のポリ袋と除草残渣片付で時間が押し、午前の作業へ向かいました。

病院前花畑2415

病院前花畑(はなのえき)2415
2023.02.05

歩道脇の笑顔のアリッサムやストック。

もりもりになったオタフクナンテンも嬉しそう。

病院前花畑2414

病院前花畑(はなのえき)2414
2023.02.05

次々と元気に開花するアネモネ。

嬉しい存在です。

病院前花畑2413

病院前花畑(はなのえき)2413
2023.02.05

北ツツジ枡のニホンスイセン。

メンバーの優しい気持ちが伝わります。

竹藪歩道際の笹切りもしてあり感謝感謝。

病院前花畑2412

病院前花畑(はなのえき)2412
2023.01.29

少し早めに咲いたティタティトでしょうか・・・?小さな黄色いラッパスイセンがミニシクラメンとお話ししています。

「今朝は特に冷たいわね」
「良く晴れているから放射冷却ね」

土には霜が降り、小さな水溜まりも凍っています。

病院前花畑2411

病院前花畑(はなのえき)2411
2023.01.22

阪大病院新駐輪場東側です。

まだキラキラに咲いているマリーゴールドとピンクや赤のゼラニウム。

駐輪場を使用する人に和んで頂いています。

病院前花畑2410

病院前花畑(はなのえき)2410
2023.01.22

堆肥枡を覆い隠すかのように大きくなったボリジ。

ボリジは育つ環境の栄養状態を如実に現します。

病院前花畑2409

病院前花畑(はなのえき)2409
2023.01.22

純白のぺーパーホワイトが柔らかい冬の光を浴びています。

病院前花畑2408

病院前花畑(はなのえき)2408
2023.01.22

朝は凍てついていましたが、少し緩んだ昼下がりの花畑で、「ここの土をあちこちに撒こうと思って」と、鍬を振るっているメンバー。

暫く振りだったので色々お話しもしました。

病院前花畑2407

病院前花畑(はなのえき)2407
2023.01.15

ピンクと白のストックと少し葉を紅葉させた宿根ヒマワリがオタフクナンテンと共に新春を寿いでいます。

病院前花畑2406

病院前花畑(はなのえき)2406
2023.01.15

ボリジとミニバラが歩道脇にバステルカラーを並べています。

奥のアネモネとスイセンも楽しそう。

病院前花畑2405

病院前花畑(はなのえき)2405
2023.01.15

カンザキハナナが春を呼んでいます。

病院前花畑2404

病院前花畑(はなのえき)2404
2023.01.15

初めて見るグラジオラスの狂い咲きです。

病院前花畑2403

病院前花畑(はなのえき)2403
2023.01.15

入口脇花壇でリナリアが元気です。

病院前花畑2402

病院前花畑(はなのえき)2402
2023.01.05

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

早々と咲いた大きな花の美しいアネモネ。
春の最後に咲くシルバーチャイムのようなスイセンも早々と咲いています。

花の少ない時期に春を呼ぶ花々は嬉しい存在。元気を貰います。

「病院に来るたびに写真を撮ってフェイスブックに載せるの」と嬉しそうに写真を撮っている人もいます。

病院前花畑2401

病院前花畑(はなのえき)2401
2022.11.14

周囲の石を外し、大きな穴を掘り、残渣を運び入れ、埋め戻し、石を戻す大変な作業ですが、いつも笑顔で綺麗に仕上げてくださいます。

有り難く感謝感謝です。

病院前花畑2401

病院前花畑(はなのえき)2401
2022.11.14

周囲の石を外し、大きな穴を掘り、残渣を運び入れ、埋め戻し、石を戻す大変な作業ですが、いつも笑顔で綺麗に仕上げてくださいます。

有り難く感謝感謝です。

病院前花畑2400

病院前花畑(はなのえき)2400
2022.11.14

花後の残渣が入っている堆肥枡が一杯になったので、整備が必要な花壇に埋める作業をしている男性メンバーです。

病院前花畑2399

病院前花畑(はなのえき)2399
2022.11.10

阪大病院駐輪場東側です。

春先に移植したイエローエンジェルやゼラニウムが活着して元気に咲いています。

担当者は、大きくなり枯れ始めたマリーゴールドを抜き、お隣の草地へ置いて来年の発芽を期待しています。

駐輪場使用者に「綺麗ですね」と言われる場所になりました。

病院前花畑2398

病院前花畑(はなのえき)2398
2022.11.10

こちらはトノサマバッタ。

ヒマワリ下のマリーゴールドはバッタや蝶のレストラン。

病院前花畑2397

病院前花畑(はなのえき)2397
2022.11.10

キタテハがマリーゴールドで吸蜜しています。

ヒョウモンチョウの仲間で検索して名前が分かりました。

病院前花畑2396

病院前花畑(はなのえき)2396
2022.11.10

枯れたヒマワリが多くある中で、一際元気に咲くヒマワリです。

おやおや、ホスピタルパークの池から他の池にでも飛んでいくアオサギでしょうか、大きな鳥が飛んでいます。

病院前花畑2395

病院前花畑(はなのえき)2395
2022.11.09

奥でツワブキが咲いています。

マリーゴールドに囲まれて臙脂と薄ピンクのキクが咲き、綺麗な秋の竹藪空き地になりました。

「ここを綺麗にしたいの」と希望して逝ったメンバーが、妖精になって花々と戯れているような気がします。

病院前花畑2394

病院前花畑(はなのえき)2394
2022.11.08

ダイアナたちの関心は18時9分頃から欠け始める442年ぶりの皆既月食と惑星(天王星)食。

「無事に見られるかしら」

「大丈夫、全国的に晴れて見られるそうよ」

そう、雲一つない東の空で21時49分頃に満月に戻る3時間40分程の天体ショーでしたよ。

病院前花畑2393

病院前花畑(はなのえき)2393
2022.11.08

シダレモモの下のコーナーで賑やかに咲くシュウメイギク・ダイアナです。

病院前花畑2392

病院前花畑(はなのえき)2392
2022.11.07

秋の陽に麗し聖母金の花

病院前花畑2391

病院前花畑(はなのえき)2391
2022.11.07

秋澄みて女王様の薔薇笑ふ

病院前花畑2390

病院前花畑(はなのえき)2390
2022.11.07

秋うらら薔薇に心の和みけり

病院前花畑2389

病院前花畑(はなのえき)2389
2022.11.07

秋晴れの空に笑顔の薔薇咲けり

病院前花畑2388

病院前花畑(はなのえき)2388
2022.11.06

夕暮れの花畑で水やりをするメンバー。

花々が嬉しそうに見守ります。

病院前花畑2387

病院前花畑(はなのえき)2387
2022.10.30

オキザリス・ボーウィ、ペチュニア、べゴニア、マリーゴールド、紅白のダリア等々。

可愛い秋の花壇です。

病院前花畑2386

病院前花畑(はなのえき)2386
2022.10.30

10時過ぎの水汲み場でメンバーが情報交換。

色付いたコキア、メンバーと並んだカンナが楽しそうに会話を聞き、小花やダチュラが静かに耳を傾けます。

花畑 弾む会話や 秋の朝

病院前花畑2385

病院前花畑(はなのえき)2385
2022.10.27

阪大病院前北側ツツジ枡の円形花壇です。

ヒャクニチソウ、キク、立性ローズマリー、スカイブルーセージ、キバナコスモスが伸び伸びとパステルカラーを広げています。

「イングリッシュガーデンみたい!」と楽しんでおられる人もいます。

病院前花畑2384

病院前花畑(はなのえき)2384
2022.10.25

秋の昼下がり。

担当者たちの思いを乗せて幸せ色に染まる花畑です。

青く輝く美しい星、地球の一画。

人間界の渦巻きが消える花畑です。

病院前花畑2383

病院前花畑(はなのえき)2383
2022.10.17

今日は雨。
昨日までの夏日は収まりました。

花畑全体にオレンジと黄の秋色が広がります。

中央部の花壇に作られた木の枝の小さな柵にほっこりします。

初夏から初冬まで咲く赤いカンナは元気いっぱいです。

静かに雨を楽しむ花々です。

病院前花畑2382

病院前花畑(はなのえき)2382
2022.10.17

駐輪場東側花壇は担当者の努力で様々な花が移植されています。

ホウセンカもその一つ。

来年は落ち種で咲いてくれることを期待します。

病院前花畑2381

病院前花畑(はなのえき)2381
2022.10.17

駐輪場東側花壇です。

日照時間が少ないですが頑張っています。

病院前花畑2380

病院前花畑(はなのえき)2380
2022.10.17

階段下もマリーゴールドの花数が増え華やかさが増しました。

今日は雨なので作業が出来ず、阪大病院お客様サービス係担当者を階段上の倒竹現場へご案内しました。

道すがら、あちこちの花壇を見て「綺麗ですね」と感心されていました。

病院前花畑2379

病院前花畑(はなのえき)2379
2022.10.17

竹藪空き地は花盛り。

ここは花畑へ行く道の歩道脇。

担当者の努力に加えて、「ここを綺麗にしたいの」と希望し、それが叶わないうちに逝ったメンバーも、お手伝いしているのでしょう。

花々に囲まれて喜ぶ様子が目に浮かびます。

病院前花畑2378

病院前花畑(はなのえき)2378
2022.10.11

病院入口前中央分離帯の看板の西側でコスモスが賑やかに咲いています。

看板の東側では担当者たちの努力で徐々にコキアがストックに代わっています。

病院前花畑2377

病院前花畑(はなのえき)2377
2022.10.11

病院前南側ツツジ桝角のイエローエンジェル、ジニア、マリーゴールドの輝きが続きます。

病院前花畑2376

病院前花畑(はなのえき)2376
2022.10.11

階段下もマリーゴールドとヒャクニチソウで彩られました。

病院前花畑2375

病院前花畑(はなのえき)2375
2022.10.11

マリーゴールド、イエローエンジェル、ヒャクニチソウ。

竹藪空き地は担当者の努力ですっかり花畑になりました。

病院前花畑2374

病院前花畑(はなのえき)2374
2022.10.05

早朝からスコップを振るっているメンバーが、「今日は重労働」と言いながらも、いつもの笑顔です。

花々も嬉しそうにエールを送ります。

病院前花畑2373

病院前花畑(はなのえき)2373
2022.09.27

真っ赤なバーベナ、タマスダレ、ジニア、メランポジウム、ケイトウ、ルドベキア。

みんな嬉しそうに朝日を浴びています。

病院前花畑2372

病院前花畑(はなのえき)2372
2022.09.27

とても大きくなって根元もがっしりしているスイフヨウ。

毎年、男性メンバーが根際で切り、枝も細かく切って少しずつ処理するという粘り強い作業の賜物です。

病院前花畑2371

病院前花畑(はなのえき)2371
2022.09.27

歩道脇の北ツツジ桝の周囲はタマスダレが咲き続けています。

病院前花畑2370

病院前花畑(はなのえき)2370
2022.09.21

ピンクの笑顔のバラ、クリーム色の微笑みのバラ、キバナコスモス、赤い大きなヒャクニチソウ。

北側も綺麗です。

病院前花畑2369

病院前花畑(はなのえき)2369
2022.09.21

マリーゴールド、ジニア、三尺バーベナ等々、相変わらず綺麗に咲いています。

病院前花畑2368

病院前花畑(はなのえき)2368
2022.09.21

入口のフェンスに絡まるブルーの原種朝顔。

適度な絡まりが微笑ましいです。

病院前花畑2367

病院前花畑(はなのえき)2367
2022.09.21

歩道脇に植えられたポリアンサ系カップ咲きのマザーズデイと同様なミニバラ。

マルゴスシスターなのでしょうか、ほんのりピンクです。

マリーゴールド、ニチニチソウ、オレンジ色のミニバラ等々沢山の花に囲まれて咲いています。

病院前花畑2366

病院前花畑(はなのえき)2366
2022.09.21

ヒマワリの下ではマリーゴールド、ジニア、イエローエンジェルが賑やかに咲いています。

病院前花畑2365

病院前花畑(はなのえき)2365
2022.09.21

南ツツジ桝西角ではヒマワリが咲き続けています。

病院前花畑2364

病院前花畑(はなのえき)2364
2022.09.19

草刈りを済ますと、服はヌスビトハギの種が沢山着きましたが、すっきりと花壇まで見通せるようになりました。

今年はヒャクニチソウが効果的に咲いています。

病院前花畑2363

病院前花畑(はなのえき)2363
2022.09.19

新駐輪場から近道階段まではチガヤ、オオアレチノギク、ヌスビトハギ等で覆われています。

台風は日本海側へ出て風が弱まりました。

1日あれば草刈り出来そうなので雨が降り出すまでに終わりそうです。

病院前花畑2362

病院前花畑(はなのえき)2362
2022.09.18

鹿児島に近付いている超大型台風14号の風が、ここでもしっかり感じられる午後5時。

病院前分離帯の除草を切り上げ花畑を見ると、3人のメンバーがせっせと作業。

黙々と手を動かす姿に頭が下がります。

遠方からのメンバーもいるので、無事の帰宅を祈りました。

病院前花畑2361

病院前花畑(はなのえき)2361
2022.09.08

病院入口前中央分離帯です。

街灯下のコスモスが咲いています。

車のライトと街灯で短日植物のコスモスは咲きにくい場所ですが、早咲きコスモスなら光が多くても咲くのでしょう。

コスモスは三尺バーベナを追い越して咲いています。

コキアがびっくりして眺めています。

病院前花畑2360

病院前花畑(はなのえき)2360
2022.09.07

病院前北側ツツジ桝の府道側歩道脇です。雨後のタマスダレが心地よさげに咲いています。

かつて歩道に倒れ込んでいたヌスビトハギ等の大型の草が無くなり、気持ちよく歩きやすい歩道であり続けています。

メンバーやメンバーの友達が加わって除草をし続けている賜物です。

病院前花畑2359

病院前花畑(はなのえき)2359
2022.09.05

入口北側では、紅白のホットリップス、背の高いダリアの様な真っ赤なヒャクニチソウ、普通サイズのピンクのヒャクニチソウ、昼下がりのほろ酔いスイフヨウ。

調和のとれた元気な花畑です。

病院前花畑2358

病院前花畑(はなのえき)2358
2022.09.05

入口中央では、赤いカンナが聳え、ヒャクニチソウやコリウス、オキザリス・ムラサキノマイなどが足元を飾っています。

病院前花畑2357

病院前花畑(はなのえき)2357
2022.09.05

入口南側では、メランポジウム、ジニア、キバナコスモス、矮性カンナ等の黄色とオレンジ系の花々と、三尺バーベナ、ヒャクニチソウ、ガウラ等のピンクや紫系の花々といったパステルカラーの心地よい花畑が広がっています。

病院前花畑2356

病院前花畑(はなのえき)2356
2022.09.02

柔らかいピンクのフリルたっぷりのサルスベリが気持ちよさげ。

病院前花畑2355

病院前花畑(はなのえき)2355
2022.09.02

歩道脇ではマリーゴールドとジニアが今年も無事に落種で咲いています。

病院前花畑2354

病院前花畑(はなのえき)2354
2022.09.02

抜ける様な空のもと、グロリオサが今年も咲きました。

ネットによると、球茎を持つ落葉性の多年生植物。旧分類ではユリ科、新分類でイヌサフラン科。
 イヌサフラン同様に全草に有毒アルカロイドのコルヒチンを含有し、特に地下部に多い。
 春植え球根で熱帯アフリカから熱帯アジアに10種程が分布する。
 葉の先端にある巻きひげで、周囲のものにつかまって蔓を伸ばす性質があるとのこと。担当者はきちんと支柱を立てています。

病院前花畑2353

病院前花畑(はなのえき)2353
2022.09.02

ケイトウ、ハゲイトウ、ヒャクニチソウ。

懐かしさ漂う花壇です。

病院前花畑2352

病院前花畑(はなのえき)2352
2022.09.02

スイフヨウが秋の空に映えます。

病院前花畑2351

病院前花畑(はなのえき)2351
2022.09.02

花畑の中のヒマワリは、ブルーの原種アサガオやルコウソウに囲まれて咲いています。

病院前花畑2350

病院前花畑(はなのえき)2350
2022.09.02

病院前南ツツジ桝角で沢山のヒマワリが咲いています。

根元には沢山のマリーゴールドとジニアが咲いています。

病院前花畑2349

病院前花畑(はなのえき)2349
2022.08.29

駐輪場東側です。

ピンクと赤のゼラニウム、白いタマスダレ、紫の三尺バーベナ、ヒャクニチソウとカラフルな花壇になりました。

もりもりグリーンで夏休み中のマリーゴールドが咲けばもっとカラフルになり、駐輪場に来られた人に更に楽しんで頂けるでしょう。

病院前花畑2348

病院前花畑(はなのえき)2348
2022.08.23

たっぷり雨が降ったのでガードレール下のレインリリー(タマスダレ)が一斉に咲き揃いました。

病院前花畑2347

病院前花畑(はなのえき)2347
2022.08.23

モノレール橋脚南側をキバナコスモスと赤いヒャクニチソウがダイナミックに飾ります。

病院前花畑2346

病院前花畑(はなのえき)2346
2022.08.23

ヒメアカタテハが黄色いジニアで休憩中。

病院前花畑2345

病院前花畑(はなのえき)2345
2022.08.23

ミソハギとマリーゴールドの間でタマスダレが輝きます。

病院前花畑2344

病院前花畑(はなのえき)2344
2022.08.23

メランポジウムとルドベキアの間でタマスダレが嬉しそう。

病院前花畑2343

病院前花畑(はなのえき)2343
2022.08.17

メランポジウム、ルドベキア、黄色いヒャクニチソウ、大小の同様な黄色い花と赤紫の小さめのペチュニアが鮮やかです。

病院前花畑2342

病院前花畑(はなのえき)2342
2022.08.17

モノレールの橋脚の南側です。

キバナコスモスとダリアの様な赤い百日草が鮮やかです。

病院前花畑2341

病院前花畑(はなのえき)2341
2022.08.17

ハゲイトウが今年も花畑に秋を呼んでいます。

病院前花畑2340

病院前花畑(はなのえき)2340
2022.08.17

鮮やかなポンポンダリアの様な大きなヒャクニチソウ、いつものヒャクニチソウ、ハナトラノオが元気です。

病院前花畑2339

病院前花畑(はなのえき)2339
2022.08.17

あちこちで大きく蔓延ったトケイソウがにこにこしています。

病院前花畑2338

病院前花畑(はなのえき)2338
2022.08.17

朝からの雷雨にもめげずに咲いているヒマワリです。

病院前花畑2337

病院前花畑(はなのえき)2337
2022.08.17

阪大病院前南側ツツジ桝空き地はすっかりマリーゴールドとジニア、ヒマワリとイエローエンジェルの幼苗で覆われました。

雨後のマリーゴールドの海で吸蜜するツマグロヒョウモンの雄です。

病院前花畑2336

病院前花畑(はなのえき)2336
2022.08.17

ホスピタルパーク池端花壇です。

キキョウが池の水面を眺めます。

池には鯉の幼魚が沢山群れていて、バターたっぷりのねじりパンをちぎっては投げ込んで餌やりしている入院患者さんがいました。

「一緒に餌やりして」というようにパンを一本差し出され、応じました。

沢山の幼魚と大きな鯉が来て食べてくれました。

病院前花畑2335

病院前花畑(はなのえき)2335
2022.08.17

マリーゴールド、ヒャクニチソウ、ホウセンカ、ゼラニウム、他にも、ジニア、三尺バーベナ等が咲き、明るくなった駐輪場東側です。

昨年、隆盛を極めていたヌスビトハギは後退しましたが、まだ出ているので早めに抜くなり切るなりしましょう。

病院前花畑2334

病院前花畑(はなのえき)2334
2022.08.17

シンテッポウユリが竹藪空き地で豪華に咲いています。

病院前花畑2333

病院前花畑(はなのえき)2333
2022.08.12

阪大病院駐輪場東側や北側はヌスビトハギが繁殖して駐輪場に倒れ込んでいたので昨年整備し、担当者が頑張って除草をして、今年はマリーゴールドやゼラニウムが咲いています。

また、担当者がヒャクニチソウやホウセンカ等、花畑で余った花を移植して賑やかになっています。

病院前花畑2332

病院前花畑(はなのえき)2332
2022.07.08

大きく育ったヒャクニチソウは、元気な姿で道行く人々を応援しています。

病院前花畑2331

病院前花畑(はなのえき)2331
2022.07.08

竹藪空き地です。

担当者の努力で土が良くなり、マリーゴールドも大きな株に成長しています。

ヤブカンゾウ、赤いアジサイ、イエローエンジェル、ヒャクニチソウ、アガパンサス、ゼラニウム等も咲いています。

すっかり花畑になりました。

病院前花畑2330

病院前花畑(はなのえき)2330
2022.07.05

大きなヒマワリも育っています。

病院前花畑2329

病院前花畑(はなのえき)2329
2022.07.05

モノレール橋脚の南側が花盛り。

グラジオラス、キバナコスモス、ヒャクニチソウ、アガパンサス、白いユリ。

病院前花畑2328

病院前花畑(はなのえき)2328
2022.06.23

病院建設のクレーンのように伸び上がって咲くグラジオラスの傍で、早朝から除草に余念のないメンバーです。

病院前花畑2327

病院前花畑(はなのえき)2327
2022.06.23

歩道脇で今年もヒマワリが咲き始めました。

病院前花畑2326

病院前花畑(はなのえき)2326
2022.06.20

歩道脇の初お目見えのフェンネル。

せり科独特の複散形花序の黄色の花。

アスパラの様なふわふわの葉。

見上げるような背の高い植物です。

病院前花畑2325

病院前花畑(はなのえき)2325
2022.06.20

「お花咲いている」と親子で眺める姿もあるホスピタル・パークです。

病院前花畑2324

病院前花畑(はなのえき)2324
2022.06.20

鯉をのぞき込む女性。

「お花もよく咲いているわね」とあちこち見回します。

病院前花畑2323

病院前花畑(はなのえき)2323
2022.06.20

歩道脇にピンクのミニバラが仲間入り。

病院前花畑2322

病院前花畑(はなのえき)2322
2022.06.20

入口奥でグラジオラスが踊ります。

病院前花畑2321

病院前花畑(はなのえき)2321
2022.06.20

立ち並ぶピンクのバラのクイーンエリザベス、紫のブラシのようなリアトリス、小さなヒマワリのようなルドベキア、白いカンパニュラが鐘を鳴らし、ペチュニア等の小花が裾を飾り、涼し気なアガパンサスが並びます。

「アガパンサスが見たいからこっちの道を通るの。皆さんのお世話があって見られるのね」と、感謝の気持ちを込めた挨拶をする人もいます。

病院前花畑2320

病院前花畑(はなのえき)2320
2022.06.14

東側の花壇にはバイオレットパープルのベルガモットが加わっています。

梅雨入りしてアジサイも嬉しそう。

病院前花畑2319

病院前花畑(はなのえき)2319
2022.06.14

ホスピタルパーク池端花壇南側はアナベルが増えています。

病院前花畑2318

病院前花畑(はなのえき)2318
2022.06.14

鉢に植えられた涼し気なアジサイ。

これもティンカーベルと思われます。

ゆたか橋北東花畑のピンクのアジサイはティンカーベルではなくダンスパーティと分かりました。

苗をくださった人に「アジサイが綺麗に咲いたよ」と、お知らせして名前が分かりました。

病院前花畑2317

病院前花畑(はなのえき)2317
2022.06.14

南ツツジ桝歩道脇コーナーでは、マリーゴールド、マツバギク、ヒルザキツキミソウ、オルレア、ボリジ。

パステルカラーのグランドカバーの中でヒマワリが沢山育っています。

病院前花畑2316

病院前花畑(はなのえき)2316
2022.06.14

あちこちに挿し芽されたカーネーションが元気です。

病院前花畑2315

病院前花畑(はなのえき)2315
2022.06.14

スカシユリとルドベキアが梅雨空を見上げます。

病院前花畑2314

病院前花畑(はなのえき)2314
2022.06.14

こちらはルリトラノオ。

ずいぶん伸びました。

病院前花畑2313

病院前花畑(はなのえき)2313
2022.06.14

笑顔のバラの下は、オカトラノオの白波がユーモラスで躍動的。

植えた前担当者と守っている現担当者に感謝感謝。

阪大の中でも別名で保護されているとのこと。

赤いサルビアも楽し気。

病院前花畑2312

病院前花畑(はなのえき)2312
2022.06.14

とうとう関西も梅雨入りしました。

早々に梅雨寒。

春の花の残渣を片付けに来ていたメンバーのスマホに収めたサボテンの花の写真を見ながら様々な話に花が咲きました。

病院前花畑2311

病院前花畑(はなのえき)2311
2022.06.09

阪大病院入口前分離帯では、オルレアやジギタリスが終わり、大小のコキアが形よく並んでいます。

病院前花畑2310

病院前花畑(はなのえき)2310
2022.06.09

よく考えつつも、手入れ、灌水と、手際よく作業するメンバーです。

病院前花畑2309

病院前花畑(はなのえき)2309
2022.06.09

ピンクのタチアオイが空に伸び、テッポウユリやペチュニアが足元を飾ります。

病院前花畑2308

病院前花畑(はなのえき)2308
2022.06.09

ベニカンゾウも目を引きます。

病院前花畑2307

病院前花畑(はなのえき)2307
2022.06.09

ルドベキアの夏が始まりました。

病院前花畑2306

病院前花畑(はなのえき)2306
2022.06.09

カラフルなスカシユリたち。

病院前花畑2305

病院前花畑(はなのえき)2305
2022.06.09

奥ではスミダノハナビが笑っています。

病院前花畑2304

病院前花畑(はなのえき)2304
2022.06.09

ピンクのカラーが気持ち良さげ。

病院前花畑2303

病院前花畑(はなのえき)2303
2022.06.09

真白のボールの様なアナベルが快晴の空に映えます。

咲き続けている真赤なガーベラが嬉しそう。

病院前花畑2302

病院前花畑(はなのえき)2302
2022.06.05

今日は夕方から雨の予報。

その前に済まそうと作業するメンバー2名。

花々が優しく見守ります。

病院前花畑2301

病院前花畑(はなのえき)2301
2022.05.30

オルレアの中で色とりどりのスターチスが咲いています。

奥では、白一色のアナベルがまだ少し緑がかった花を咲かせています。

病院前花畑2300

病院前花畑(はなのえき)2300
2022.05.30

カシワバアジサイの尖り頭が府道の歩道からも見えます。

病院前花畑2299

病院前花畑(はなのえき)2299
2022.05.30

こちらはオレンジ色のスカシユリ。

お隣でカンパニュラが鐘を鳴らしています。

病院前花畑2298

病院前花畑(はなのえき)2298
2022.05.30

ユリクビナガハムシの被害が無い白、赤のスカシユリが綺麗に咲いています。

奥ではアマリリスのアップルブロッサムがホルンを奏でています。

病院前花畑2297

病院前花畑(はなのえき)2297
2022.05.23

南ツツジ枡歩道脇です。

大きくなったイエローエンジェルを移植し、小さな場所を担当していたメンバーに渡して2ヶ月程経ちました。

新担当者は丁寧に除草し、今まで植えられていた花々を生かしつつ、担当者独特の植物も加わえています。

時の流れに従って、花壇は静かに変わって行きます。

病院前花畑2296

病院前花畑(はなのえき)2296
2022.05.22

柔らかなポピー。

5月の午後を満喫しています。

病院前花畑2295

病院前花畑(はなのえき)2295
2022.05.19

虞美人草と言われるヒナゲシでしょうか・・。

目を引く存在です。

病院前花畑2294

病院前花畑(はなのえき)2294
2022.05.19

不思議色のミニジャーマンアイリス。

毎年気になる存在です。

病院前花畑2293

病院前花畑(はなのえき)2293
花畑ではニオイバンマツリが満開です。

病院前花畑2292

病院前花畑(はなのえき)2292
2022.05.19

赤いミニバラも満開です。

病院前花畑2291

病院前花畑(はなのえき)2291
2022.05.19

歩道脇のピンクのミニバラが咲き揃いました。

周囲の花々も嬉しそう。

病院前花畑2290

病院前花畑(はなのえき)2290
2022.05.17

駐輪場東側は色とりどりのゼラニウムが咲き揃い、イエローエンジェルとマリーゴールドが咲くのを待っています。

病院前花畑2289

病院前花畑(はなのえき)2289
2022.05.17

写真を撮る人も多くなりました。

病院前花畑2288

病院前花畑(はなのえき)2288
2022.05.17

落葉をたっぷり掛けてもらったアマリリスが嬉しそうに咲いています。

花芽も次々と上がっています。

まだ咲き続けているパンジーも楽しそう。

病院前花畑2287

病院前花畑(はなのえき)2287
2022.05.15

竹藪空地で昨年と同様にオルレアが広がりました。

今年は奥まで広げ、隣のマンションの駐輪場へ自転車を置く人たちに楽しんで頂けるようにしました。

病院前花畑2286

病院前花畑(はなのえき)2286
2022.05.09

北端のシロバナアヤメが咲き揃い、紫のバーベナが足元を飾っています。

病院前花畑2285

病院前花畑(はなのえき)2285
2022.05.09

近道階段下です。

こちらでもアマリリスが咲いています。

イエローエンジェルを新駐輪場東側へ移植してすっきり見えるようになりました。

病院前花畑2284

病院前花畑(はなのえき)2284
2022.05.09

新メンバーが加わり、入会申込書が少なくなったので6枚作成し、9時過ぎに納屋へ置きに来ました。

花畑では、朝早く来るメンバーが、アマリリスの花芽が上がっている花壇で作業しています。

「昨年、アマリリスが咲かなかったので落葉をたっぷり掛けておいたら今年は咲くわ」と嬉しそう。

色とりどりのミニバラも楽し気に話を聞いています。

病院前花畑2283

病院前花畑(はなのえき)2283
2022.05.08

枯れたストックを抜くと、出番を待つコキアが見えます。

工事前に植えてあったボックセージ(サルビア・ウルギノーサ)程背が高く纏めにくい植物はなく、オルレアもジギタリスも適度な高さに留まっています。

病院前花畑2282

病院前花畑(はなのえき)2282
2022.05.08

工事後の分離帯は表示板の基礎が出ていて西側が広く、花も落ち着いて徒長せずに心地よさげ。

病院前花畑2281

病院前花畑(はなのえき)2281
2022.05.08

阪大病院入口中央分離帯です。

表示板西側の三角地はポピーとジギタリスと白いネモフィラ。

東側は中央部がオルレア、ジギタリス、ポピー、脇に濃い紫のストック、表示板近くは白いネモフィラ。

それらの中で出番を待つコキアが育っています。

病院前花畑2280

病院前花畑(はなのえき)2280
2022.05.08

アヤメの様なジャーマンアイリス。初めまして。

ブルーのニゲラ、ゼニアオイ。
母の日の空に溶け込みそう。

病院前花畑2279

病院前花畑(はなのえき)2279
2022.05.06

どの花壇も前担当者の植えた花々を守りつつ、現担当者の植えたい花が加わって行きます。

病院前花畑2278

病院前花畑(はなのえき)2278
2022.05.06

オルレアと虹色ジャーマンアイリスが夢のような花壇。

その向こうは、前担当者の残した赤いスイートピーと3種類のバラを大切に守っている現担当者の努力で見事に咲いています。

病院前花畑2277

病院前花畑(はなのえき)2277
2022.05.06

まあ!白と黄色のアイリス!

とても鮮やかです。

病院前花畑2276

病院前花畑(はなのえき)2276
2022.05.06

ボリジのふわふわとしたブルーに赤いラナンキュラス、後ろに白のオルレア、紫のバーベナが爽やかな歩道脇です。

病院前花畑2275

病院前花畑(はなのえき)2275
2022.05.06

ハナミズキを挟んだ北側は赤いミニバラ。

病院前花畑2274

病院前花畑(はなのえき)2274
2022.05.06

ミニバラ、フレンチラベンダー、サクラナデシコ、オルレア、ジャーマンアイリス、パンジー、ナデシコ。

話し合いも無く徐々に足して行った3人の合作ですが、統一感のあるハーモニーを奏でています。

病院前花畑2273

病院前花畑(はなのえき)2273
2022.05.06

新駐車場歩道脇角です。

赤いバラにオルレアとフランスギクの白が続きます。

病院前花畑2272

病院前花畑(はなのえき)2272
2022.05.06

池東側はピンクとブルーと白に赤いバラが加わります。

病院前花畑2271

病院前花畑(はなのえき)2271
2022.05.06

池向うは黄色が主流。

病院前花畑2270

病院前花畑(はなのえき)2270
2022.05.06

ホスピタルパーク池端花壇西側です。

紫とブルー、薄ピンクでまとめられています。

病院前花畑2269

病院前花畑(はなのえき)2269
2022.05.05

快晴のこどもの日の歩道脇です。

病院前花畑2268

病院前花畑(はなのえき)2268
2022.05.02

数株あるシロバナアヤメですが、モミジ脇の株だけが咲き始めていました。

病院前花畑2267

病院前花畑(はなのえき)2267
2022.05.02

近道階段下です。

シロバナアヤメが咲いているか見に来たら、フランスギクと臙脂色のジャーマンアイリスが咲く中で除草する担当者の姿がありました。

病院前花畑2266

病院前花畑(はなのえき)2266
2022.05.02

新駐輪場東側です。

ヌスビトハギが伸びて駐輪場に倒れ込んでいたので除草残渣で押えて花畑にしました。

近道階段下や南側ツツジ枡から移植したイエローエンジェルに緑が戻りつつあり、赤、ピンク、サーモンピンク、白のゼラニウムが咲き、プラザ前花畑から移植したカンアヤメが元気にしています。

除草残渣を除くとマリーゴールドが沢山発芽していました。

病院前花畑2265

病院前花畑(はなのえき)2265
2022.05.02

歩道脇にオルレアが続く中、ルピナスのコーナーもありました。

病院前花畑2264

病院前花畑(はなのえき)2264
2022.05.02

フランスギクとオルレアの白が全体を包んでいます。

メンバー20名中16名が何らかの形で関わっている阪大病院前花畑エリア。

皆で花を分け合い適当に協力し合って育てるので、作業日時や担当場所が違っても統一感のあるエリアになっています。

近隣の人々も綺麗になったと喜んでくださり、花々もフェンスの両側でエールを交換しています。

病院前花畑2263

病院前花畑(はなのえき)2263
2022.04.30

南側ではフランスギクが溢れています。

病院前花畑2262

病院前花畑(はなのえき)2262
2022.04.30

花の妖精たちが舞い降りたような花畑になりました。

病院前花畑2261

病院前花畑(はなのえき)2261
2022.04.30

北側から見た全体です。

病院前花畑2260

病院前花畑(はなのえき)2260
2022.04.30

分離帯の中央部でオルレアとジギタリスが咲き始めました。

周囲を飾る紫のストックや看板西側のポピーも健在です。

病院前花畑2259

病院前花畑(はなのえき)2259
2022.04.30

竹藪空地でフランスギクが咲きました。

少し早く咲いたツツジやオルレアが初登場のフランスギクに「初めまして。宜しくね」とご挨拶。

病院前花畑2258

病院前花畑(はなのえき)2258
2022.04.28

竹藪空地ではツツジが咲き、オルレアが広がり始めています。

担当者と2名のメンバーのお手伝いもあって除草が進み、美しさが倍増しました。

病院前花畑2257

病院前花畑(はなのえき)2257
2022.04.28

赤いスイートピーと笑顔のバラの華麗な共演です。

病院前花畑2256

病院前花畑(はなのえき)2256
2022.04.28

ブルーと虹色(内花被がクリームで外花被が薄紫)のジャーマンアイリスが咲き始めオルレアがその周囲を飾っています。

病院前花畑2255

病院前花畑(はなのえき)2255
2022.04.26

大きくなって咲き揃ってきた紫グラデーションのスイートピー。

種を持っていたメンバーが撒いた後、余った種を他のメンバーへ渡し、数名で分けて撒いて発芽し咲きました。

初めに撒いた種はカラスが食べたのか発芽せず、分けて撒いた種は発芽して咲き種を採ることが出来るので分けて良かったと大喜び。

小雨の中で話が弾んでいました。

病院前花畑2254

病院前花畑(はなのえき)2254
2022.04.24

バーベナ・テヌイセクタが街灯の足元を飾ります。

病院前花畑2253

病院前花畑(はなのえき)2253
2022.04.24

オルレアが咲き揃いました。

昨年、オルレアを見て爽やかな気分になられた人は、またこの時期がやって来たと思われることでしょう。

病院前花畑2252

病院前花畑(はなのえき)2252
2022.04.22

ボタンは蕾が1個残っていました。

道路まで 牡丹の香り 漂ひぬ

幸せな香りに包まれる春の昼下がりの花畑です。

病院前花畑2251

病院前花畑(はなのえき)2251
2022.04.21

8輪の蕾の内6輪までが開花しました。

満開は明日でしょう。

病院前花畑2250

病院前花畑(はなのえき)2250
2022.04.21

白花スパラキシスが広がりました。

病院前花畑2249

病院前花畑(はなのえき)2249
2022.04.21

ヤグルマギク、パンジー、シバザクラ等が広がる向うでカロライナジャスミンがまだ咲いています。

病院前花畑2248

病院前花畑(はなのえき)2248
2022.04.20

今年もボタンが立派に咲き、馥郁とした香りが漂います。

病院前花畑2247

病院前花畑(はなのえき)2247
2022.04.19

今年は入口ガードレール沿いに綺麗に立てられたスイートピーの支柱が目立ち、花の咲いたハボタンが足元を飾ります。

ヤグルマギクがすらりと伸びて小花が囲み綺麗な季節になりました。

病院前花畑2246

病院前花畑(はなのえき)2246
2022.04.19

おや指姫が出てきそうなチューリップ。

ノースポールとイモカタバミに囲まれて嬉しそう。

病院前花畑2245

病院前花畑(はなのえき)2245
2022.04.19

ふわふわニゲラが咲きました。

フェンス越しにネモフィラやフランスギクにご挨拶。

病院前花畑2244

病院前花畑(はなのえき)2244
2022.04.19

ここでもスズランが咲きました。

病院前花畑2243

病院前花畑(はなのえき)2243
2022.04.19

フェンスに絡まる綺麗な色のスイートピーです。

病院前花畑2242

病院前花畑(はなのえき)2242
2022.04.19

まあ!エビネ!

夏はスイフヨウの下で日陰になりますが、スイフヨウの枝を落とした今は日当たりの良い場所。

それでも元気に咲いています。

病院前花畑2241

病院前花畑(はなのえき)2241
2022.04.19

アイリスが咲きました。

大きくなったアジサイに呑み込まれそうですが、凛とした姿がしっかり存在を主張しています。

病院前花畑2240

病院前花畑(はなのえき)2240
2022.04.19

花畑の隅まで綺麗にしようと頑張るメンバーとその友人を8個の蕾を膨らませたボタンと春の花々が応援します。

病院前花畑2239

病院前花畑(はなのえき)2239
2022.04.19

ノースポール、シバザクラ、フユシラズ等々、花々に囲まれて手入れをするメンバーです。

病院前花畑2238

病院前花畑(はなのえき)2238
2022.04.16

阪大病院入口中央分離帯の看板裏に咲くポピーの足元を白のネモフィラが飾っています。

病院前花畑2237

病院前花畑(はなのえき)2237
2022.04.16

ノースポール、ナデシコ、フランスギク、フユシラズ、ヤグルマギク、カンザキハナナ、オルレア、チューリップ等々咲く中で花壇整備に精を出すメンバーの姿があります。

病院前花畑2236

病院前花畑(はなのえき)2236
2022.04.16

空色ネモフィラが一斉に広がりました!!

どこも皆、担当者たちの心が現れています。

病院前花畑2235

病院前花畑(はなのえき)2235
2022.04.16

まあ!

歩道脇に咲いた赤とピンクのチューリップ!

白いフランスギクやオルレアが「綺麗だね、可愛いね」と語り合います。

病院前花畑2234

病院前花畑(はなのえき)2234
2022.04.15

花畑の方でカロライナジャスミンが咲いています。

忙しくて、なかなか花畑の方へ行けず、フェンス越しになりました。

病院前花畑2233

病院前花畑(はなのえき)2233
2022.04.15

ゲンペイシダレモモに葉が出てきました。葉があるのも綺麗です。

ボンセジュール前や池端へフランスギクを植えようと、担当者に連絡して不要な株を頂くことにしましたが、指定されたモモの下の株は背が高く大き過ぎて上記場所には適さないことが分かり、阪大病院新駐輪場北側の草地に移植しました。

大きくて重く、近場に植えて正解でした。

病院前花畑2232

病院前花畑(はなのえき)2232
2022.04.09

病院前ツツジ枡北側の陽だまりでアジュガとタンポポが仲良く日向ぼっこ。

病院前花畑2231

病院前花畑(はなのえき)2231
2022.04.09

今年は丁度よい大きさで可憐に咲いています。

病院前花畑2230

病院前花畑(はなのえき)2230
2022.04.09

紫のストックが咲く西側の看板裏でポピーが咲きました。

病院前花畑2229

病院前花畑(はなのえき)2229
2022.04.07

歩道脇でサーモンピンク。円形花壇で赤・白・黄色。駐車場歩道脇に黄色と白。

ウキウキするようなチューリップが並ぶ歩道脇です。

フェンス向うの花畑の花々も嬉しそう。

病院前花畑2228

病院前花畑(はなのえき)2228
2022.04.07

ボリジのサファイヤブルーの向うに白いマーガレットと赤いアネモネが咲いています。

この爽やかな彩はフランス国旗。

病院前花畑2227

病院前花畑(はなのえき)2227
2022.04.05

ミニバラを囲む様にして盛り上がるフユシラズです。

病院前花畑2226

病院前花畑(はなのえき)2226
2022.04.05

イエローエンジェルの陰で除草するメンバー。

地道な努力が美しい花壇を生みます。

病院前花畑2225

病院前花畑(はなのえき)2225
2022.04.05

円形花壇に植えられたチューリップ。

一昨年に植えられて、植えっぱなしでも良く咲きます。

病院前花畑2224

病院前花畑(はなのえき)2224
2022.04.05

2本仲良く並んで咲きました。

病院前花畑2223

病院前花畑(はなのえき)2223
2022.04.05

こちらは、白にピンクの源平咲きシダレモモ!!

病院前花畑2222

病院前花畑(はなのえき)2222
2022.04.05

シダレモモが咲きました!!

病院前花畑2221

病院前花畑(はなのえき)2221
2022.04.05

ネモフィラが幸せそうに咲いています。

濃い紫の点が入った白等も咲いています。

病院前花畑2220

病院前花畑(はなのえき)2220
2022.04.05

綺麗に並んだ白と黄色のチューリップ、フランスギク、ネモフィラが枝垂れ桃の下まで続きます。

病院前花畑2219

病院前花畑(はなのえき)2219
2022.04.05

歩道脇にはフランスギク、ストック、ワスエレナグサ、オルレア、チューリップ等々が続きます。

病院前花畑2218

病院前花畑(はなのえき)2218
2022.04.05

ホスピタルパーク池端花壇東側です。

紫のストック、ペチコートスイセン、チューリップ、シャガ、デージー、クリスマスローズ等心地よさげに咲いています。

病院前花畑2217

病院前花畑(はなのえき)2217
2022.04.05

ホスピタルパーク池端花壇西側です。

デージー、ワスレナグサ、リナリア、サクラソウ、ラベンダー、オキザリス等々盛りだくさんです。

病院前花畑2216

病院前花畑(はなのえき)2216
2022.04.05

階段下の花壇です。

沢山蕾が付いていた椿。

茶色くなった花を落とすと、また蕾がありました。

病院前花畑2215

病院前花畑(はなのえき)2215
2022.04.05

早道階段脇でフユシラズとボリジが咲いています。

病院前花畑2214

病院前花畑(はなのえき)2214
2022.04.05

竹藪空地でオルレアが咲きました。

病院前花畑2213

病院前花畑(はなのえき)2213
2022.03.28

分離帯で紫のストックが咲き揃いました。

ラッパスイセンやティタティトの黄色、シルバーチャイムの白が点々と加わります。

ロゼットだった中央部のオルレアが、いよいよ出番とむっくり起き上がりました。

病院前花畑2212

病院前花畑(はなのえき)2212
2022.03.17

大株のクリスマスローズもあちこちで春を謳歌しています。

病院前花畑2211

病院前花畑(はなのえき)2211
2022.03.17

大株のヒメリュウキンカがあちこちで輝いています。

病院前花畑2210

病院前花畑(はなのえき)2210
2022.03.17

ハンギングバスケットに入っているパンジーとビオラが向かい合ってお喋り。

グランドモナークやイモカタバミも楽し気。

病院前花畑2209

病院前花畑(はなのえき)2209
2022.03.17

入口近くで香りを放っているジンチョウゲです。

病院前花畑2208

病院前花畑(はなのえき)2208
2022.03.09

笹までも 見とれる気品 寒菖蒲

病院前花畑2207

病院前花畑(はなのえき)2207
2022.03.02

時々雨のぱらつく日。

担当花壇をせっせと整備するメンバー。

北ツツジ枡の笹切りをしてくださいましたので、今度は南ツツジ枡アドプト・ロード看板をご案内し、看板下のチガヤ抜きをお願いしました。

担当花壇以外の場所に取り組んでくださる方が増え、嬉く有難いです。

病院前花畑2206

病院前花畑(はなのえき)2206
2022.03.02

駐車場脇歩道の南端で咲くスイセンも花数が増して綺麗です。

歩道を歩く方々も癒されることでしょう。

病院前花畑2205

病院前花畑(はなのえき)2205
2022.03.02

歩道脇のデージーが、多肉植物セダム・ヒスパニクム・プルプレアの広がりを楽しそうに眺め語らいます。

病院前花畑2204

病院前花畑(はなのえき)2204
2022.03.02

パレードするハボタンの脇では、オルレアが花芽を伸ばしています。

病院前花畑2203

病院前花畑(はなのえき)2203
2022.03.02

歩道脇ではストックが咲き始めています。

病院前花畑2202

病院前花畑(はなのえき)2202
2022.03.02

モミジの下では紅白のクリスマスローズが咲いています。

病院前花畑2201

病院前花畑(はなのえき)2201
2022.03.02

円形花壇は大小のレンガが交互に並べられ、綺麗な円に仕上がっています。

病院前花畑2200

病院前花畑(はなのえき)2200
2022.03.02

サクラソウの大鉢やクモマソウの白い鉢、手前には菱形模様の鉢にハボタン、イベリスの寄せ植え。

見る方々も、様々な植物を発見する楽しさがある事でしょう。

病院前花畑2199

病院前花畑(はなのえき)2199
2022.03.02

ホスピタルパーク池端西花壇です。

エリカの向うに薄ピンクのクリスマスローズ、デージー、ヒメリュウキンカ。

病院前花畑2198

病院前花畑(はなのえき)2198
2022.02.28

10時前、朝型メンバーがせっせと作業をしています。

久し振りなので暫し手を止めてご挨拶とお互いの近況報告。

ホースにノズルが付いた事を喜んだり、昨夕、ホースのジョイント修理をメンバー3人の文殊の知恵で成功させた事等々、会話も弾みました。

病院前花畑2197

病院前花畑(はなのえき)2197
2022.02.26

クリサンセマム・ムルチコーレ、ニホンスイセン、リナリア。

皆で春の光を転がしています。

病院前花畑2196

病院前花畑(はなのえき)2196
2022.02.26

クロッカスとヒメリュウキンカ。

黄色が輝きます。

病院前花畑2195

病院前花畑(はなのえき)2195
2022.02.26

カンザキハナナと寒菊が青空と遊んでいます。

病院前花畑2194

病院前花畑(はなのえき)2194
2022.02.23

阪大病院前北ツツジ枡です。
中に笹が伸び残念な枡でした。

4日前にメンバーに笹刈をお願いしたら早速綺麗になりました。

メンバーではない方の応援もあって、半分の予定のところが一気に全体が済んだとのこと。

徐々に区割り花壇以外の場所に目を向けて作業するメンバーが増え、地域全体が綺麗になって行きます。

病院前花畑2193

病院前花畑(はなのえき)2193
2022.02.19

最高気温が10℃を下回る日々が続きますが、暖かいメンバーに守られて花々は元気にしています。

病院前花畑2192

病院前花畑(はなのえき)2192
2022.02.19

綺麗に咲いていた赤いキクが終わりかけ、「下に芽が出てきたのでもう切ったの」という担当者。

「折れていたのを拾って挿し芽させて頂いわ」と言うと、挿し芽するならと、堆肥枡へ入れた菊の残渣から挿し芽苗を選び出してくださいました。

寒い中でも暖かい空気が流れます。

病院前花畑2191

病院前花畑(はなのえき)2191
2022.02.19

午後から雨の予報。

雨が降る前に茨木市から配布された花を植えたり、担当花壇の手入れをするメンバーです。

病院前花畑2190

病院前花畑(はなのえき)2190
2022.02.17

夕方になりスコップを納屋に置きに行くと、メンバーが1人灌水作業をしています。

「綺麗な花を買うてきて植えた」と嬉しそう。

花壇と花壇の間の今まで歩く所だった場所が可愛い花壇になりました。

デージー、マーガレット、ラナンキュラス。可愛く奇麗に植えられました。

病院前花畑2189

病院前花畑(はなのえき)2189
2022.02.12

枯れたマリーゴールドを抜いた後に塊のままで植えたニホンスイセンも元気に朝日を浴びています。

病院前花畑2188

病院前花畑(はなのえき)2188
2022.02.12

竹藪空地に咲いた朝日に輝くカンアヤメです。

病院前花畑2187

病院前花畑(はなのえき)2187
2022.02.03

病院入口前分離帯で2名のメンバーが作業をしています。

北側に並ぶストックに施肥をしているようです。

信号で停車した車が発進する時の熱のある排気ガスを受けると植物は枯れて行きます。

ここに最初に阪大によって植えられたサツキが枯れたのもそのような理由なのでしょう。

南側は車が通り過ぎるだけなので順調に育っている様です。

病院前花畑2186

病院前花畑(はなのえき)2186
2022.02.01

三々五々訪れるメンバーを一年中にこにこ顔で迎える笑顔のバラです。

病院前花畑2185

病院前花畑(はなのえき)2185
2022.02.01

午後は降水確率30%。

今にも降りそうで降らない寒い花畑で一人、スコップで花壇を掘り返すメンバーの姿があります。

メンバーは其々都合の良い時に来て、其々の方法で花壇を守ります。

春を待つ植物がその姿を見守り応援しています。

病院前花畑2184

病院前花畑(はなのえき)2184
2022.02.01

輝く黄色の花弁をまだ寒そうに広げるクリサンセマム・ムルチコーレにリナリアがエールを送っています。

病院前花畑2183

病院前花畑(はなのえき)2183
2022.02.01

入口すぐの花壇に咲いたノースポール。

あちこちの花壇や通路でも発芽しています。

病院前花畑2182

病院前花畑(はなのえき)2182
2022.02.01

駐車場歩道脇の南端の方は、モノレールの駅の陰になりやすい場所ですが、カンザキハナナや二ホンスイセンが咲いています。

スイセンコーナーは、咲く時期の遅いグランドモナークやシルバーチャイムがランダムに植えてあるので一斉に咲いていませんが、色々混じるのも楽しいと大らかな担当者の伸び伸びした心が感じられる花壇です。

病院前花畑2181

病院前花畑(はなのえき)2181
2022.02.01

駐車場歩道脇ではフランスギクが早々と咲いています。

寒さに弱いゼラニウムにきちんと寒さ除けのカバーがしてあり、担当者の優しさが伝わります。

病院前花畑2180

病院前花畑(はなのえき)2180
2022.02.01

歩道脇ではデイジーとアリッサムがお喋りに夢中。

ネットによると、デージーはヨーロッパ原産でイタリアの国花。ヒナギクの和名が有名。太陽の光を受けて花が開き、晴れない日や夜は花を閉じるとのこと。

病院前花畑2179

病院前花畑(はなのえき)2179
2022.02.01

ルリマツリのネームプレートの傍でバラが楽し気に咲いています。

その下ではヒメリュウキンカが葉を賑やかに広げています。

病院前花畑2178

病院前花畑(はなのえき)2178
2022.02.01

ホスピタルパークの池を覗こうと鉢の向うに顔を出したヒメリュウキンカです。

病院前花畑2177

病院前花畑(はなのえき)2177
2022.01.30

阪大病院入口前分離帯です。

多肉植物セダム・ヒスパニクム・プルプレア、マンネングサが綺麗に紅葉しました。

コキアが抜かれ、グリーンローズが街灯のポールに寄り掛かり紅葉した様な赤銅色の花が咲いています。

中央部にオルレアやジギタリス等と思われるロゼット、両脇にストック等が少し立ち上がり、春の開花を夢見ています。

病院前花畑2176

病院前花畑(はなのえき)2176
2022.01.29

歩道脇のカンアヤメはカメラを向ける人が多いです。

娘と語らいながら写真を撮って行く人もいました。

子供との話題や記憶になる地域に根差した花になりました。

病院前花畑2175

病院前花畑(はなのえき)2175
2022.01.29

奥の方では寒菊も咲き続けています。

病院前花畑2174

病院前花畑(はなのえき)2174
2022.01.29

塵は担当者が気付き拾ってくれたようで、翌日には無くなりました。

カンアヤメの大株は1株分けても沢山の苗が採れるので、ここにも沢山植えました。

点々と奥の方でも咲いています。

病院前花畑2173

病院前花畑(はなのえき)2173
2022.01.16

阪大病院竹藪空地です。

道行く人がカンアヤメを見て「可愛いですね」と嬉しそう。

「カンアヤメです」と名を告げると「アヤメ今頃?」と不思議そうなので「寒咲きのね」と言うと納得されていました。

ところが、周囲には此の頃ここでよく見かける小さく折りたたまれた紙やポリ袋があり残念。

担当者に拾って頂きましょう。

病院前花畑2172

病院前花畑(はなのえき)2172
2022.01.14

笑顔のバラの横では、真綿色のふっくらした微笑みのバラがゆっくり開花しています。

病院前花畑2171

病院前花畑(はなのえき)2171
2022.01.14

今日は入口近くの2つの大きなバケツ・ペールの表面に氷が浮かんでいます。

すぐ傍の笑顔のバラ(ヘレン?)は、ここだけ万年春のように沢山の花を咲かせています。

病院前花畑2170

病院前花畑(はなのえき)2170
2022.01.14

まあ!

エリカ・クリスマスパレードは、ほんとにクレーンの様にますます伸びています!

ユリオプスデージーやどの花々も楽し気。

病院前花畑2169

病院前花畑(はなのえき)2169
2022.01.10

除草残渣はツツジの陰に置き、概ねマリーゴールドの残渣だけにして見苦しさはほぼ解消しました。

春になればマリーゴールドが芽を出し、ゼラニウムを挿し芽する等して道行く人に楽しんで頂ける様になるでしょう。

病院前花畑2168

病院前花畑(はなのえき)2168
2022.01.10

阪大病院新駐輪場北側ツツジ枡です。

背の高い枯れたオオアレチノギク等を抜き、自生したモチノキ等の幼木を切っても、マリーゴールドの抜きガラで押えきれない枯れたチガヤやヌスビトハギが見苦しいので整備することにしました。

病院前花畑2167

病院前花畑(はなのえき)2167
2022.01.06

小雪が時々ちらつく日。

元気に除草するメンバー。

イエローエンジェルも元気に咲いています。

倒れて咲くキクやゼラニウムを南側草地に挿し芽したり、枯れの目立つマリーゴールドを抜いて草地に撒いたり、花壇側も整備しました。

病院前花畑2166

病院前花畑(はなのえき)2166
2021.12.28

薄オレンジ色のバラも池向うで咲いています。

病院前花畑2165

病院前花畑(はなのえき)2165
2021.12.28

新年を 迎える花は 薔薇と決め

病院前花畑2164

病院前花畑(はなのえき)2164
2021.12.28

まあ!足元にスカビオサ!

ススキの曽爾高原で見た、台風接近の風に耐える可憐な野生のマツムシソウを思い出します。

病院前花畑2163

病院前花畑(はなのえき)2163
2021.12.28

ホスピタルパーク池端花壇です。

ウィンターコスモスと赤いバラ、色の少ない時期に、これだけでもカラフルな嬉しい花たちです。

病院前花畑2162

病院前花畑(はなのえき)2162
2021.12.28

多肉植物セダム・ヒスパニクム・プルプレアは、阪大病院前交差点から病院方面へ入る中央分離帯では遮る物がなく寒風にさらされて紅葉していますが、歩道脇花壇では木々やオタフクナンテン等に守られ、点滴灌水ホース敷設で適度な水分もあり青々としています。

病院前花畑2161

病院前花畑(はなのえき)2161
2021.12.28

歩道脇花壇奥のクリーム色と黄色のグラデーションのバラの蕾が開き始め、朝日に輝きます。

病院前花畑2160

病院前花畑(はなのえき)2160
2021.12.28

鮮やかな濃いオレンジのニューアベマリアが花持ちよく咲いています。

「このバラが好きなの」と言うメンバー。

「香りがとても良いのよ」と、いつも言っていた、このバラを残した担当者も嬉しい事でしょう。

病院前花畑2159

病院前花畑(はなのえき)2159
2021.12.28

まあ、とても元気なルドベキア!

周囲のマリーゴールドたちも目をぱちくり。

病院前花畑2158

病院前花畑(はなのえき)2158
2021.12.28

綺麗に支柱と紐で支えられた白キクが爽やかです。

病院前花畑2157

病院前花畑(はなのえき)2157
2021.12.28

20m程離れた府道1号線の歩道からもぱっと目に付く赤いスプーンギクです。

病院前花畑2156

病院前花畑(はなのえき)2156
2021.12.19

今年はどの花の写真で年賀状を作ろうかしらと、笑顔のバラを残した担当者は澄み切った空の上から思案しています。

病院前花畑2155

病院前花畑(はなのえき)2155
2021.12.19

キクがあちこちで目立っています。

病院前花畑2154

病院前花畑(はなのえき)2154
2021.12.19

キンギョソウが幸せそうに咲いています。

病院前花畑2153

病院前花畑(はなのえき)2153
2021.12.19

そそり立つクレーンに負けじと伸びているエリカ・クリスマスパレード。

ユリオプスデージーが楽しそうに眺めます。

病院前花畑2152

病院前花畑(はなのえき)2152
2021.12.19

おやおやサンタさん。

病院前花畑2151

病院前花畑(はなのえき)2151
2021.12.19

花弁に冬の光を躍らせているイエローエンジェル。

歩道脇花壇は皆元気です。

病院前花畑2151

病院前花畑(はなのえき)2151
2021.12.19

花弁に冬の光を躍らせているイエローエンジェル。

歩道脇花壇は皆元気です。

病院前花畑2150

病院前花畑(はなのえき)2150
2021.12.19

寒波にもめげずに咲いているヒマワリ。

紅葉したコキアも嬉しそう。

病院前花畑2149

病院前花畑(はなのえき)2149
2021.12.19

冬の光を透過させているサファイヤブルーのボリジ。

フユシラズも咲き始めました。

病院前花畑2148

病院前花畑(はなのえき)2148
2021.12.19

綺麗に紅葉したコキア、輝くマリーゴールド、鮮やかなケイトウ、みんな揃ってモノレールを眺めています。

病院前花畑2147

病院前花畑(はなのえき)2147
2021.12.19

枯れたジニアを抜くと早速、担当者がミニシクラメンを植えました。

もう一ヶ所にはミニバラも植えてあります。

すごい!

病院前花畑2146

病院前花畑(はなのえき)2146
2021.12.12

竹藪空地のカンアヤメが次々咲く様になりました。

あちこちで作業をしていると、カンアヤメを差し上げた方たちから「花の少ない時期に良く咲くので助かってます」「大切にしています」等々、お礼を言われることがあります。

「通勤でこの道を通りますが、お掃除やお花の手入れをよくされていますね。季節の花が咲いていてすごく良いんです」と嬉しそうに仰る方もおられ、こちらも感激します。

病院前花畑2145

病院前花畑(はなのえき)2145
2021.12.08

真珠湾攻撃・太平洋戦争開戦から80年が経ち、平和をかみしめるような笑顔のバラたちです。

そして、2006(平成18)年12月8日有機農業の推進に関する法律が成立したことにちなんだ「有機農業の日」や針供養の日、お釈迦様が悟りを開いたことを祝う法要、釈迦成道会(しゃかじょうどうえ)でもあることを静かに語らいます。

病院前花畑2144

病院前花畑(はなのえき)2144
2021.12.08

北側半分です。

花たちは師走の空に立つクレーンを眺めつつ一日を終わります。

病院前花畑2143

病院前花畑(はなのえき)2143
2021.12.08

茨木市から頂いた葉牡丹は、キンギョソウ、ジニア、スイセン等と共に、今年はここで新年を迎えます。

病院前花畑2142

病院前花畑(はなのえき)2142
まあ!ホトトギス!!

ヒメフヨウの根元で風を遮られているのか、今頃咲いています。

病院前花畑2141

病院前花畑(はなのえき)2141
2021.12.08

モノレール橋脚の南側です。

薄黄色のキク、ピンクのゼラニウム、オキザリス・ボーウィ、ヒャクニチソウ、マリーゴールド。

ゴブラン織りの様に重厚な初冬です。

病院前花畑2140

病院前花畑(はなのえき)2140
2021.12.08

コキアが綺麗に紅葉した中で、ひと際鮮やかにケイトウが炎を燃やします。

周囲のマリーゴールドもまだまだ元気です。

病院前花畑2139

病院前花畑(はなのえき)2139
2021.12.08

歩道脇です。

初冬になって咲き始めているコスモス。

夜の光の多い場所では咲きにくいコスモスですが、ふわふわした葉だけでも癒し感があります。

病院前花畑2138

病院前花畑(はなのえき)2138
2021.12.08

ホスピタルパーク池端花壇の東側です。

池を覗き込む様にイソギクが鮮やかな黄色を広げています。

病院前花畑2137

病院前花畑(はなのえき)2137
2021.12.08

近道階段下の花壇です。

豪快に広がったキクやマリーゴールド、イエローエンジェル。

手入れをしなければと思いつつ通ります。

病院前花畑2136

病院前花畑(はなのえき)2136
2021.12.04

朝9時35分。

納屋にバケツを返しに来ると、メンバーがカチカチと枝切りバサミで何かを切る音がしました。

カンナを細かく切って花壇の中へ入れるとのこと。

丁寧な作業で植物の循環が成り立ちます。

病院前花畑2135

病院前花畑(はなのえき)2135
2021.12.01

新阪大病院建設のクレーンが何本も立っています。

それを見て笑顔のバラたちは、わいわい、がやがや、お喋りに夢中です。

病院前花畑2134

病院前花畑(はなのえき)2134
2021.12.01

師走の空に昇竜のように咲くアメジスト・セージです。

病院前花畑2133

病院前花畑(はなのえき)2133
2021.12.01

キク、イエローエンジェル、ゼラニウム、サルビア等々、南端も綺麗です。

病院前花畑2132

病院前花畑(はなのえき)2132
2021.12.01

アカバナセンニチコウ(ストロベリーフィールド)と赤系マリーゴールドに白菊の何気に綺麗な場所です。

病院前花畑2131

病院前花畑(はなのえき)2131
2021.12.01

エリカ・クリスマスパレードも本番を迎えます。

病院前花畑2130

病院前花畑(はなのえき)2130
2021.12.01

まあ!クリスマス気分!

病院前花畑2129

病院前花畑(はなのえき)2129
2021.12.01

寒風に立ち向かうかのように凛と立つヒマワリです。

病院前花畑2128

病院前花畑(はなのえき)2128
2021.12.01

宿根ヒマワリが元気に寒風に揺れています。

病院前花畑2127

病院前花畑(はなのえき)2127
2021.12.01

綺麗に並んだハボタンが色付いて来ました。

病院前花畑2126

病院前花畑(はなのえき)2126
2021.12.01

コキアが綺麗に紅葉しています。

足元のセンニチコウがびっくり顔で見上げます。

病院前花畑2125

病院前花畑(はなのえき)2125
2021.12.01

歩道脇花壇です。

このオルレアが一株だけずっと咲いています。

「ここを通る時、爽やかだった」と仰っていた方に応えるかのようです。

病院前花畑2124

病院前花畑(はなのえき)2124
2021.12.01

ホスピタルパークの池端花壇東側でウィンターコスモスとキクが「寒くなったね。でも元気ね」と励まし合います。

病院前花畑2123

病院前花畑(はなのえき)2123
2021.11.25

大きくなったコキアが紅葉を迎えています。

種を沢山付けたヒマワリは重そうに頭を下げています。

足元を埋めるのは、まだ葉の緑を保つマリーゴールド。

左端の丸く形よく纏まった黄色いキクやハイビスカス等、鉢が増え担当者の意気込みが伝わります。

病院前花畑2122

病院前花畑(はなのえき)2122
2021.11.25

歩道脇も相変わらずの賑わい。

病院前花畑2121

病院前花畑(はなのえき)2121
2021.11.25

ツツジ枡のイエローエンジェルが再び咲いています。

マリーゴールドや赤いゼラニウムも頑張っています。

病院前花畑2120

病院前花畑(はなのえき)2120
2021.11.25

飛龍のように伸びたアメジスト・セージが「寒くなって来たね」とマリーゴールドやケイトウと語らいます。

病院前花畑2119

病院前花畑(はなのえき)2119
2021.11.25

うわー!真赤なスプーン菊!

オレンジ色のスプレーマム!

落ち着いたオモトの横で咲いています。

病院前花畑2118

病院前花畑(はなのえき)2118
2021.11.25

笑顔のバラが華やかな香りを放っています。

病院前花畑2117

病院前花畑(はなのえき)2117
2021.11.25

真白なダリアとオレンジ色濃淡のガイラルディアをケイトウが見守ります。

病院前花畑2116

病院前花畑(はなのえき)2116
2021.11.25

まあ!朱鷺色のダリア!

その右側にコーラルピンクのフェアリースター。

ベゴニアもにこにこ顔。

フユシラズもちょこんと咲き、三尺バーベナが覗き込んでいます。

病院前花畑2115

病院前花畑(はなのえき)2115
2021.11.25

お饅頭の様に膨らんだピンクのイモカタバミ、薄いサーモンピンクや黄色のミニバラ、ベゴニア、シソ科のコリウス等々。

円形花壇に集います。

病院前花畑2114

病院前花畑(はなのえき)2114
2021.11.25

オレンジ色のバラは日当たりが良くて嬉しそう。

イエローエンジェルも眩しそうに笑います。

病院前花畑2113

病院前花畑(はなのえき)2113
2021.11.25

真白なペチュニアが元気です。

病院前花畑2112

病院前花畑(はなのえき)2112
2021.11.25

入口すぐの花壇に可愛いリナリア。

病院前花畑2111

病院前花畑(はなのえき)2111
2021.11.20

枯れ色が目立っていたコキアが蘇芳色に紅葉しました。

病院前花畑2110

病院前花畑(はなのえき)2110
2021.11.16

笑顔のバラも花壇をピンクで飾ります。

フェンス向うのヒマワリが「賑やかね~」と眺めています。

病院前花畑2109

病院前花畑(はなのえき)2109
2021.11.16

オキザリス・ボーウィがあちこちの花壇をピンクで飾ります。

病院前花畑2108

病院前花畑(はなのえき)2108
2021.11.14

阪大竹藪空地はイエローエンジェル、ツワブキ、赤いゼラニウム等も歩道から見えます。

新担当者が歩道脇の笹切りをしたり、メンバーがフランスギクを植えたり、ケイトウを撒いたりして、楽しみな場所に変りつつあります。

「ここを綺麗にしたいの」と言いつつ逝ったメンバーも喜び、助力しているのを感じます。

病院前花畑2107

病院前花畑(はなのえき)2107
2021.11.14

今年初めてのカンアヤメは、阪大竹藪空地の歩道沿いでした。

11月に入るとすぐに咲く年もありますが、今年は中旬になって初めて咲いています。

病院前花畑2106

病院前花畑(はなのえき)2106
2021.11.12

せっせと除草作業に余念のないメンバーです。

秋日和 除草灌水 軽やかに

病院前花畑2105

病院前花畑(はなのえき)2105
2021.11.12

コスモスもこの株だけは元気に花を咲かせています。

病院前花畑2104

病院前花畑(はなのえき)2104
2021.11.12

歩道脇にはハボタンが並びます。

人参葉のようなオルレアも育っています。

コスモスは育つものの街灯の下で咲けないのでしょうか。もう少し日が短くなると咲くでしょうか。

病院前花畑2103

病院前花畑(はなのえき)2103
2021.11.12

ルピナスは8月23日にお目見えとのこと。

病院前花畑2102

病院前花畑(はなのえき)2102
2021.11.12

ホスピタルパークの池端花壇西側です。

大きな鉢の中央に小さな鉢に入った赤い葉脈の植物。

その周囲に10月4日登場のサクラソウ。

病院前花畑2101

病院前花畑(はなのえき)2101
2021.11.04

15時40分

ここは日当たりの良い場所なのでイエローエンジェルは花を終了しました。間に咲いているマリーゴールドも夏休みを取らなかったので、そろそろ終わりです。

花畑との間の径は草がよく生えますが、春に男性メンバーが綺麗にし、引き続いて女性メンバーが綺麗にし続けています。

メンバーの協力で綺麗が持続します。

病院前花畑2100

病院前花畑(はなのえき)2100
2021.11.04

15時半

蜜に植えてあるツツジに少し足を入れて鎌や熊手でヨモギやセイタカアワダチソウを引き寄せ乍ら抜きました。

中央部に残った楠やヨモギは阪大による剪定時に切って頂けるでしょう。

残渣は新駐輪場東側の種の付いたヌスビトハギを押えました。

病院前花畑2099

病院前花畑(はなのえき)2099
2021.11.04

14時半

阪大病院前南西ツツジ枡にセイタカアワダチソウやヨモギがにょきにょき出ています。

種が飛ぶ前に抜くことにします。

病院前花畑2098

病院前花畑(はなのえき)2098
2021.11.03

朝9時

ガードレール下の伸びたタマスダレを切る作業に余念のないメンバーです。

病院前花畑2097

病院前花畑(はなのえき)2097
2021.11.01

笑顔のバラが秋を飾ります。

病院前花畑2096

病院前花畑(はなのえき)2096
2021.11.01

ブルーサルビアが楽し気に辺りを見回しています。

病院前花畑2095

病院前花畑(はなのえき)2095
2021.11.01

まあ!新しいお仲間!!

カルーナガーデンガールズ!

ネットで調べるとエリカに近縁の常緑低木の花期の長い植物とのこと。

担当者の楽しみが伝わります。

病院前花畑2094

病院前花畑(はなのえき)2094
2021.11.01

アカバナセンニチコウ(ストロベリーフィールド)とピンクのゼラニウムが可愛い一画です。

病院前花畑2093

病院前花畑(はなのえき)2093
2021.11.01

カンナやスイフヨウの雄姿です。

病院前花畑2092

病院前花畑(はなのえき)2092
2021.11.01

その奥のマリーゴールドどではツマグロヒョウモンの雌が吸蜜。

蝶やバッタ、蜂が飛び交う幸せな楽園です。

病院前花畑2091

病院前花畑(はなのえき)2091
2021.11.01

入口近くのセンニチコウでヒメアカタテハが吸蜜です。

病院前花畑2090

病院前花畑(はなのえき)2090
2021.11.01

所々でオキザリス・ボーウィがピンクを広げています。

病院前花畑2089

病院前花畑(はなのえき)2089
2021.11.01

今は、おんぶしていないオンブバッタのようです。

病院前花畑2088

病院前花畑(はなのえき)2088
2021.11.01

小さな丸っこいマルハナバチがマリーゴールドで吸蜜です。

病院前花畑2087

病院前花畑(はなのえき)2087
2021.11.01

ヒマワリ、マリーゴールド、コキア等々に囲まれて小さなボリジがサファイアブルーを鏤めます。

病院前花畑2086

病院前花畑(はなのえき)2086
2021.11.01

歩道脇のヒマワリもまだ元気です。

病院前花畑2085

病院前花畑(はなのえき)2085
2021.11.01

池向うではシュウメイギクや背高のっぽのシオンが咲いています。

病院前花畑2084

病院前花畑(はなのえき)2084
2021.11.01

ホトトギスが池向うで豪快に咲いています。

病院前花畑2083

病院前花畑(はなのえき)2083
2021.11.01

ホスピタルパークの池端花壇東側でワレモコウが何気に伸びています。

吾亦紅 吾また同じ 紅をさす

だったかしら・・・

昔、どこかの句会でそんな俳句があったような気がします。

病院前花畑2082

病院前花畑(はなのえき)2082
2021.10.24

実家のお墓にあったこのキクは、背が高くなるので切り戻し、残渣を挿し芽してあちこちで育っています。

病院前花畑2081

病院前花畑(はなのえき)2081
2021.10.24

奥の方ではスカイブルーセージが水色を鏤めています。

病院前花畑2080

病院前花畑(はなのえき)2080
2021.10.24

キクの開花が進み、色も鮮やかになりました。

病院前花畑2079

病院前花畑(はなのえき)2079
2021.10.18

まあ!イングリッシュガーデンみたい!と昨年言われた北ツツジ枡の中央サークル。

今年もキク、ヒャクニチソウ、スカイブルーセージが秋の陽を浴びて輝きます。

病院前花畑2078

病院前花畑(はなのえき)2078

2021.10.18

ヒマワリの根元の赤いミニバラです。

担当者の嬉しい気持ちが伝わります。
病院前花畑2077

病院前花畑(はなのえき)2077
2021.10.18

寒気が入り、急に季節が進みましたがヒマワリは元気です。

葉の付け根から蕾の出てない株と出ている株が並んでいます。

1本で幾つかの花を付ける株は栄養を分け合い花が少し小さいようです。

そして、ヒマワリの葉も黄金角の螺旋の階段を上っている様です。

病院前花畑2076

病院前花畑(はなのえき)2076
2021.10.17

半日の 作業は秋の 花畑

病院前花畑2075

病院前花畑(はなのえき)2075
2021.10.15

ひと際高いクイーンエリザベスが花々を見守っています。

病院前花畑2074

病院前花畑(はなのえき)2074
2021.10.15

14時24分というのに真白なままのスイフヨウです。

日照時間で段々色の変化がずれて行くのでしょうか・・。

病院前花畑2073

病院前花畑(はなのえき)2073
2021.10.15

シュウメイギクがフェンスを越えて賑やかです。

病院前花畑2072

病院前花畑(はなのえき)2072
2021.10.15

花で溢れる歩道脇。

「公園の様になったね」と言われます。

病院前花畑2071

病院前花畑(はなのえき)2071
2021.10.15

種が重くて俯いたヒマワリは、種を少し落とし、可愛い顔に見えるようになりました。

病院前花畑2070

病院前花畑(はなのえき)2070
2021.10.15

歩道脇でコスモスが咲きまじめました。

病院前花畑2069

病院前花畑(はなのえき)2069
2021.10.15

ホスピタルパークの池に佇むアオサギを見守る花たちです。

病院前花畑2068

病院前花畑(はなのえき)2068
2021.10.15

オキナワスズメウリは緑色に白い線が入った小さな実を付けています。

病院前花畑2067

病院前花畑(はなのえき)2067
2021.10.15

ホスピタルパークの池端にクレマチス・ビエネッタらしき花。

キンポウゲ科センニンソウ属の落葉木質つる植物。

他のキンポウゲ科と同じく花弁に見えるのは萼片。

普通6片、これは5片。

センニンソウが4片なので間のもあるのかしら・・。

病院前花畑2066

病院前花畑(はなのえき)2066
2021.10.08

歩道脇から一歩入った花壇のケイトウがもりもり大きくなりました。

除草残渣と落葉をもりもりに置いた土は、植物ももりもりに育ちます。

病院前花畑2065

病院前花畑(はなのえき)2065
2021.10.08

歩道脇で茎太く高く伸び上がったヒマワリです。

気温28度。

雲も夏と秋が同居しています。

病院前花畑2064

病院前花畑(はなのえき)2064
2021.10.08

秋色に囲まれて灌水するメンバーです。

病院前花畑2063

病院前花畑(はなのえき)2063
2021.10.08

12時36分のスイフヨウです。

薄ピンクになりました。

病院前花畑2062

病院前花畑(はなのえき)2062
2021.10.03

ケイトウ、マリーゴールド、センニチコウ、秋色溢れる花畑です。

病院前花畑2061

病院前花畑(はなのえき)2061
2021.10.03

笑顔のバラが秋の陽を浴びています。

病院前花畑2060

病院前花畑(はなのえき)2060
2021.10.03

モノレール橋脚の南側で、端正な姿のトルコギキョウ・シェリーライトブルーが咲いていました!

担当者の嬉しい気持ちが伝わります。

病院前花畑2059

病院前花畑(はなのえき)2059
2021.10.03

根際まで切り戻されたデュランタ・タカラヅカが大きく茂って咲いています。

病院前花畑2058

病院前花畑(はなのえき)2058
2021.10.03

挿し芽や取り木で増えたガウラがあちこちで元気にしています。

同じ1株のガウラから分かれたものの、微妙に色の濃淡があるようです。

病院前花畑2057

病院前花畑(はなのえき)2057
2021.10.03

8時13分のスイフヨウです。

今年は高く大きくなり、蕾も沢山付いています。

病院前花畑2056

病院前花畑(はなのえき)2056
2021.09.27

スイフヨウがまだ白い午前中。

秋の陽を楽しむ花々です。

病院前花畑2055

病院前花畑(はなのえき)2055
2021.09.27

秋色が散らばる花畑です。

病院前花畑2054

病院前花畑(はなのえき)2054
2021.09.27

自生したマリーゴールドが黄色とオレンジと植えたかのように彩りよく並んでいます。

病院前花畑2053

病院前花畑(はなのえき)2053
2021.09.27

まあ!リンドウ!!

担当者の楽しい気持ちが伝わります。

病院前花畑2052

病院前花畑(はなのえき)2052
2021.09.27

大きく育ったヒマワリがハナミズキの枝に囲まれて咲きました。

病院前花畑2051

病院前花畑(はなのえき)2051
2021.09.27

フェンス越しにピンクの可愛いバラがこんにちは!

病院前花畑2050

病院前花畑(はなのえき)2050
2021.09.27

秋晴れの下、ホットリップス、ゼラニウム、三尺バーベナ、マリーゴールド、コキアが歩道脇に並びます。

病院前花畑2049

病院前花畑(はなのえき)2049
2021.09.27

阪大病院駐車場の歩道脇花壇に、昨年、分離帯工事に伴うお引越しで移植されたシソ科のボックセージ(サルビア・ウルギノーサ)。

半日陰で豪快に咲いています。

病院前花畑2048

病院前花畑(はなのえき)2048
2021.09.27

鉢に育ったオキナワミニスズメウリが実を付けています。

宿根ヒマワリや真紅のダリアが「あら!可愛い!」と覗き込んでいます。

病院前花畑2047

病院前花畑(はなのえき)2047
2021.09.27

ホスピタルガーデン東側です。

かっちりとまとまったガウラです。

足元の小さな苗のガウラも咲いています。

病院前花畑2046

病院前花畑(はなのえき)2046
2021.09.27

阪大病院へ行く近道階段です。

クズの重みで竹が折れて階段を塞いでいました。

まるでクズの滝。

後で鋸を持って来て切ろうかと思いましたが、全て事前に阪大病院へ連絡することになっているので連絡しました。

用事を済ませ作業に出た時は、既に切ってありました。良かったです。

病院前花畑2045

病院前花畑(はなのえき)2045
2021.09.15

サルビア・コクネシア・スノーホワイトの両脇でハゲイトウが鮮やかな紅赤を広げています。

立ち昇って来たハゲイトウをヒャクニチソウやホウセンカが眺めます。

病院前花畑2044

病院前花畑(はなのえき)2044
2021.09.15

シュウメイギクが賑やかに咲き始めています。

病院前花畑2043

病院前花畑(はなのえき)2043
2021.09.15

マリーゴールドに囲まれてピンクのミニバラが咲きました。

担当者の植える楽しさが伝わるようなミニバラです。

病院前花畑2042

病院前花畑(はなのえき)2042
2021.09.15

歩道脇に置かれた鉢のハイビスカスは黄色でした。

病院前花畑2041

病院前花畑(はなのえき)2041
2021.09.15

キンミズヒキが小さな秋を運んできました。

病院前花畑2040

病院前花畑(はなのえき)2040
2021.09.15

池端に植えられたヨメナを眺めるように鯉が泳いで行きました。

病院前花畑2039

病院前花畑(はなのえき)2039
2021.09.09

イエローエンジェルたちもマリーゴールドと共に「一日幸せに過ごせたね」と感謝しています。

病院前花畑2038

病院前花畑(はなのえき)2038
2021.09.09

夕刻でもゼラニウムの赤とタマスダレの白が鮮やかです。

マリーゴールド、ジニア、サルスベリ、ケイトウ、コキア、バーベナ等々「今日も一日楽しかったね」と嬉しそうに語り合っています。

病院前花畑2037

病院前花畑(はなのえき)2037
2021.09.01

ヒャクニチソウ、ケイトウ、微笑みのバラ、センニチコウ等々の花々に囲まれて、せっせと作業するメンバーです。

病院前花畑2036

病院前花畑(はなのえき)2036
2021.09.01

満開のサルスベリです。

黄色いバラもちらり。

お隣ではイエローエンジェルも咲いています。

病院前花畑2035

病院前花畑(はなのえき)2035
2021.09.01

大きくなったコキア、アメリカンブルー、センニチコウ、ポーチュラカ等が並ぶ歩道脇になりました。

病院前花畑2034

病院前花畑(はなのえき)2034
2021.09.01

東側です。

ピンクや赤のバラ、ガウラ等が咲き、大きくなった鯉が悠然と泳ぎます。

病院前花畑2033

病院前花畑(はなのえき)2033
2021.09.01

ホスピタル・ガーデン西側です。

ミソハギと宿根ヒマワリが大きく育ち、ポーチュラカ、スーパーチュニアビスタ・ミニピンクスター、タマスダレが足元を飾ります。

病院前花畑2032

病院前花畑(はなのえき)2032
2021.08.22

阪大東門前の歩道脇を飾るタマスダレです。

病院前花畑2031

病院前花畑(はなのえき)2031
2021.08.22

フェンスの西側ではピンクのもこもこしたサルスベリが新登場です!!

病院前花畑2030

病院前花畑(はなのえき)2030
2021.08.22

マーシュマロウの木の様です。

いつの間にか植えられ、いつの間にか随分大きくなっています。

病院前花畑2029

病院前花畑(はなのえき)2029
2021.08.22

モノレール橋脚の南側の花壇も充実しています。

病院前花畑2028

病院前花畑(はなのえき)2028
2021.08.22

モノレール橋脚の南側の花壇です。

まあ!ヒマワリのテディーベア!!

病院前花畑2027

病院前花畑(はなのえき)2027
2021.08.22

ナミアゲハがヒャクニチソウの吸蜜に余念がありません。

病院前花畑2026

病院前花畑(はなのえき)2026
2021.08.22

花壇の周囲もタマスダレが飾ります。

病院前花畑2025

病院前花畑(はなのえき)2025
2021.08.22

長雨が上がり、どの植物も瑞々しく輝きます。

病院前花畑2024

病院前花畑(はなのえき)2024
2021.08.22

花畑の周囲を飾るタマスダレです。

病院前花畑2023

病院前花畑(はなのえき)2023
2021.08.22

長雨でコキアもみな元気です。

病院前花畑2022

病院前花畑(はなのえき)2022
2021.08.10

ツツジ枡を覆い始めたトケイソウが沢山の蕾を付けて咲き始めました。

病院前花畑2021

病院前花畑(はなのえき)2021
2021.08.10

阪大病院前交差点前の分離帯です。

多肉植物セダム・ヒスパニクム・プルプレア、メキシコマンネングサ?とポーチュラカが元気に広がりました。

冬、真白なアリッサムは夏休み。

風を遮る物の無いここでは、コキアが台風9号の強風で数本傾き、大きくなって蒸れたのか枯れて来ている株も数本あります。

病院前花畑2020

病院前花畑(はなのえき)2020
2021.08.10

歩道脇花壇で落ち種で自生したマリーゴールドとジニアが、まるで人手が加えられたかのように昨年同様な形になっています。

台風の被害状況を見に来た担当者とヒマワリが元気になって良かった等、暫し歓談しました。

病院前花畑2019

病院前花畑(はなのえき)2019
2021.08.06

鮮やかなコリウスやミニバラに囲まれてグロリオサが元気に咲き続けています。

「路地植のグロリオサが見られるなんて!『段々色が変わっている』と写真を撮りに来た人が仰っていました」と、感激しているメンバー。

連絡事項を話し合いつつ夏の夕暮れを楽しみました。

病院前花畑2018

病院前花畑(はなのえき)2018
2021.08.06

ヒャクニチソウが機嫌よく咲いています。

コロナウィルス変異デルタ株による第五波が訪れる中でも、オリンピックは順調に進み、新競技も楽しく、数々の名言と名場面を作り、私たちに元気を与えてくれました。

特に大会が開かれ、競技の場が与えられたことに感謝する選手たちの言葉が多く、国境を越え年齢を超えて、互いに讃え合う姿が印象的でした。

病院前花畑2017

病院前花畑(はなのえき)2017
2021.08.06

入口のペチュニアが大きく広がっています。

挿し芽したカーネーションがちゃんと咲いています。

昨日の大阪は全国一暑い38.9度。グダグダになる暑さで、除草もほどほどで止めました。

病院前花畑2016

病院前花畑(はなのえき)2016
2021.07.21

ミソハギの紫、ルドベキアの黄、終わり掛けのグラジオラスがオレンジ色のポイント。

新型コロナウィルスの緊急事態宣言下での東京オリンピック開幕まであと2日。

無事に開催されますように。 花たちも応援しています。

病院前花畑2015

病院前花畑(はなのえき)2015
2021.07.21

快晴の空の下、ペチュニアが紫のラッパを吹き鳴らし、ケイトウ、メランポジューム、マリーゴールド、ヒャクニチソウ、三尺バーベナが降り注ぐ太陽を満喫しています。

病院前花畑2014

病院前花畑(はなのえき)2014
2021.07.20

続く南側には、ふわふわとしたコキアに包まれるようにしてセンニチコウが咲いています。

(オルレアが咲いている時に)「歩道を通ると爽やかだった」と仰る仕事を終えた病院関係者。「除草も大変ですね」と、労いの言葉を掛けて行かれました。

病院前花畑2013

病院前花畑(はなのえき)2013
2021.07.20

ポーチュラカの南側にはアメリカンブルーとナデシコ、ガーベラ。

病院前花畑2012

病院前花畑(はなのえき)2012
2021.07.20

春、オルレアが真っ白に咲いていたオタフクナンテン枡脇は、すっかり夏の花壇になりました。

セダム・ヒスパニクム・プルプレアが広がる隣にはポーチュラカが広がりました。

ポイントに赤系蛇の目咲きのルドベキア。

病院前花畑2011

病院前花畑(はなのえき)2011
2021.07.20

病院前花畑にすっかり溶け込んだ歩道脇花壇です。

病院前花畑2010

病院前花畑(はなのえき)2010
2021.07.20

円形花壇と小さな円形花壇があります。

小さな円形花壇は可愛いカラフルな蝋燭のようなケイトウが植えられています。

大きな円形花壇はコキアが周囲に植えられ、サルビア、多肉植物のセダム・ヒスパニクム・プルプレア、ちょっと溢れているのは紫のバーベナ。

病院前花畑2009

病院前花畑(はなのえき)2009
2021.07.20

歩道脇はコキア、マリーゴールド、ジニアが大きくなりました。

病院前花畑2008

病院前花畑(はなのえき)2008
2021.07.20

ヒメアカタテハがイエローエンジェルで吸蜜です。

病院前花畑2007

病院前花畑(はなのえき)2007
2021.07.17

ピンクとブルーのペチュニアがルドベキアを引き立てます。

大株になったマリーゴールドは夏休みを取り始めた様です。

病院前花畑2006

病院前花畑(はなのえき)2006
2021.07.17

奥の花壇の矮性ヒマワリ、ヒャクニチソウ、ルドベキアが夏を奏でています。

病院前花畑2005

病院前花畑(はなのえき)2005
2021.07.15

まあ!グロリオサ!

葉が蔓状になるユリ科の植物!

初お目見えです。

病院前花畑2004

病院前花畑(はなのえき)2004
2021.07.15

背が高くなり所在なさそうにしていたスカイブルーセージが、バッサリ切り戻しされて嬉しそうです。

シロタエギク、オキザリス・紫の舞、マリーゴールド等、周囲の植物も嬉しそうです。

病院前花畑2003

病院前花畑(はなのえき)2003
2021.07.15

夏らしいヒャクニチソウが咲きました。

病院前花畑2002

病院前花畑(はなのえき)2002
2021.07.15

オレンジ色のグラジオラスが鮮やかです。

病院前花畑2001

病院前花畑(はなのえき)2001
2021.07.01

長く続く梅雨とコロナ禍をよそに、植物は元気です。

病院前花畑2000

病院前花畑(はなのえき)2000
2021.07.01

ピンクカサブランカの周囲でオミナエシがはしゃぎます。

病院前花畑1999

病院前花畑(はなのえき)1999
2021.07.01

近付くと赤いバラ、赤と黄のダリア、つーんと一本リアトリス。

病院前花畑1998

病院前花畑(はなのえき)1998
2021.07.01

アジサイ、ガウラ、赤いバラ、ダリア、白いカンパニュラ?、奥の大きなピンクはオリエンタルリリー・ピンクカサブランカでしょうか・・。

そして、手前の蕾のユリはカサブランカでしょうか・・。

病院前花畑1997

病院前花畑(はなのえき)1997
2021.07.01

さらにバラ、アガパンサス、アジサイ等も並びます。

病院前花畑1996

病院前花畑(はなのえき)1996
2021.07.01

池南側花壇には円形花壇が作られ、アジサイ等のプランターも並びます。

病院前花畑1995

病院前花畑(はなのえき)1995
2021.07.01

ホスピタルパーク池周囲花壇です。

西端でルドベキア、スーパーチュニア・ビスタ「ミニピンクスター」が咲いています。

病院前花畑1994

病院前花畑(はなのえき)1994
2021.07.01

駐車場歩道脇の花壇は北端コーナーにバラやジンチョウゲが植えられ、中央部に今年2度目の開花のフランスギクの白い花が並び、門の様に立つ三尺バーベナも元気です。

手前の円形花壇はバーベナ、コキア、セダム・ヒスパニクム・プルプレア等が植えられています。

クリーム色のフリルのジャーマンアイリスは静かに葉を広げています。

病院前花畑1993

病院前花畑(はなのえき)1993
2021.07.01

歩道脇です。

落ち種で自生したマリーゴールド、ジニア、ボリジ、フユシラズ、植えられたコキア、みんなモリモリ育っています。

病院前花畑1992

病院前花畑(はなのえき)1992
2021.07.01

2年目のイエローエンジェルが穏やかに咲く下をマツバギクや落ち種で自生したマリーゴールドが飾ります。

病院前花畑1991

病院前花畑(はなのえき)1991
2021.07.01

分離帯工事で荒れると予想して、全ての植物を移動しましたが、植物はちゃんと根や種を残していて再び広がっています。

多肉植物のセダム・ヒスパニクム・プルプレアや黄色い花のメキシコマンネンクグサと思われる植物は先端のグランドカバー、その向こうに、白のアリッサム、緑色の花のバラ等が残りました。

病院前花畑1990

病院前花畑(はなのえき)1990
2021.07.01

道路の工事が済み、短くなった阪大病院前東側分離帯。

計画を聞いた時はもっと短くなると思いましたが意外と残りました。今後は花畑に組み入れます。

担当者の奮闘で今年は、コキアが沢山植えられました。

西側の小さな分離帯は病院工事車両通行のため無くなりました。

病院前花畑1989

病院前花畑(はなのえき)1989
2021.07.01

真白なミニアガパンサスとクチナシに囲まれて、アナベルが緑を帯びてきたのが目立ちます。

病院前花畑1988

病院前花畑(はなのえき)1988
2021.07.01

葉はニチニチソウやインパチェンスに似ていますが、紫アリアケカズラでしょうか・・。

病院前花畑1987

病院前花畑(はなのえき)1987
2021.07.01

入口を入ってすぐの円形花壇。

オキザリス・紫の舞とコリウスが中央、ベンケイソウと黄色やピンクのミニバラ、ジャーマンアイリスの葉等が周囲を飾ります。

病院前花畑1986

病院前花畑(はなのえき)1986
2021.06.30

初お目見えの白と赤紫のグラデーションのアルストロメリア。

2種類のルドベキアやニオイバンマツリの間で咲いています。

病院前花畑1985

病院前花畑(はなのえき)1985
2021.06.30

まあ!マツムシソウ!!

その向こうでエリカ・クリスマスパレードが高く伸び上がっています

病院前花畑1984

病院前花畑(はなのえき)1984
2021.06.30

イエローカサブランカとも言われるオリエンタルユリ・コンカドールの甘い香りが漂っています。

奥には矮性カンナも咲いています。

病院前花畑1983

病院前花畑(はなのえき)1983
2021.06.30

リアトリスが紫の花穂を上げています。

病院前花畑1982

病院前花畑(はなのえき)1982
2021.06.24

10名の担当者が其々に好きな花を植え、増えた花を分け合い、自由で伸び伸びした雰囲気の花畑です。

病院前花畑1981

病院前花畑(はなのえき)1981
2021.06.24

スイセンノウ(酔仙納)の最後の花が散らばる中で、パステルカラーのグラジオラスが豪快に咲いています。

病院前花畑1980

病院前花畑(はなのえき)1980
2021.06.24

白波を描いているトラノオ。

旧担当者が植えた植物が、新担当者の丹精で毎年忘れずに咲いてくれます。

病院前花畑1979

病院前花畑(はなのえき)1979
2021.06.24

まあ!早咲きのコスモス!

担当者が代わり、旧担当者の残した植物に新担当者の好みの花が加わり、楽し気な花壇になっています。

奥の円形花壇もルドベキア、オキザリス紫の舞、等々、モリモリの花壇になりました。

病院前花畑1978

病院前花畑(はなのえき)1978
2021.06.24

ルドベキアが増えて、あちこちに植えられ効果を発揮しています。

2019年10月23日、日比谷図書文化会館コンベンションホールで行われた全国花のまちづくりコンクール優秀事例発表会の基調講演の中で、お薦めの効果的な花としてルドベキアが挙げられていたことを思い出します。

まあ!珍しい!朱鷺色のペチュニア。落ち着いた大人色。

しっかりした赤系のマリーゴールドは大株になりそう。

病院前花畑1977

病院前花畑(はなのえき)1977
2021.06.24

奥で、今年も柏葉アジサイが元気に咲いています。

奥左側は白いスカシユリ。

堆肥枡の中が一杯になると、男性メンバーが花壇の更新に使います。

花壇では、マリーゴールド、ペチュニア、キク、ニチニチソウ、ベゴニア等、思い思いの花が植えれれています。

病院前花畑1976

病院前花畑(はなのえき)1976
2021.06.24

ルドベキア、アガパンサスの向うに、今年増えたピンクのタチアオイが華麗な雰囲気を醸し出します。

病院前花畑1975

病院前花畑(はなのえき)1975
2021.06.24

ブルーセージ、ルドベキア、アガパンサス、黄色とブルーの濃淡が美しさを演出しています。

増えて困るヒメヒオウギスイセンのオレンジ色の散らばりもチラチラと効果的。

病院前花畑1974

病院前花畑(はなのえき)1974
2021.06.24

元気よく咲き続けるカーネーションと白い小さなアガパンサスの紅白がアナベルの手前を飾ります。

病院前花畑1973

病院前花畑(はなのえき)1973
2021.06.24

入口の北側では、アナベルの白いボールが一際目立ち、足を止めて眺める人もおられます。

病院前花畑1972

病院前花畑(はなのえき)1972
2021.06.24

入口に真紅のペチュニア、種が付き鶸色になったオルレア、白を鏤めるホットリップス。

中央部の黄色とブルーはルドベキアとアガパンサス、ピンクと赤のタチアオイが伸び、グラジオラスが笑います。

「綺麗!写真を撮らせてください」と訪れる人も多く、10名のメンバーの丹精・努力の賜物が広がります。

病院前花畑1971

病院前花畑(はなのえき)1971
2021.06.23

5月9日
北側フェンス脇に、ピンクの花をびっしり着けたゼニアオイ。

フリルたっぷりのブルーや立弁がクリームで弁が薄紫のジャーマンアイリス。

白い花々はノースポール、フランスギク、オルレア。

赤いスイートピーとオフホワイトの「微笑みのバラ」が中央部を飾ります。

病院前花畑1970

病院前花畑(はなのえき)1970
2021.06.23

4月18日
8輪の牡丹の花が咲き揃いました。

病院前花畑1969

病院前花畑(はなのえき)1969
2021.06.23

4月15日
紫と白のフリルフルフルなオダマキです。

オルレアの白いレースも広がっています。

病院前花畑1968

病院前花畑(はなのえき)1968
2021.06.23

4月15日
大株になった「笑顔のバラ」です。

病院前花畑1967

病院前花畑(はなのえき)1967
2021.06.23

昨年11月22日に壊れたパソコンが家族の協力で6月19日に直りました。

HPの再開などないと思いながらも撮りためていた写真を掲載します。

4月15日
咲き始めたボタンと下を彩るノースポール。

近くにはオレンジ色のキンギョソウ、奥にはカロライナジャスミン、大株になったヤグルマギク等も咲いています。

病院前花畑1966

病院前花畑(はなのえき)1966
2020.11.19

花壇の中にも歩く場所にも落葉が敷き詰められました。

花たちが嬉しそうに眺めています。

病院前花畑1965

病院前花畑(はなのえき)1965
2020.11.19

円形花壇の脇に落葉の詰まった90Lのポリ袋が置いてあります。

ゆたか橋北花畑前の歩道や歩道縁石下等から集められた落葉です。

病院前花畑1964

病院前花畑(はなのえき)1964
2020.11.19

秋の花々に囲まれて協力し合って整備をするメンバーです。

病院前花畑1963

病院前花畑(はなのえき)1963
2020.11.19

うわー!

ジニアとマリーゴールド!!

もりもりに咲いています。

バラコーナーでは黄色いバラが咲いています。

次に植えられるパンジーも鉢の中で育っています。

病院前花畑1962

病院前花畑(はなのえき)1962
2020.11.19

オタフクナンテン枡の歩道側で紫のバーベナが活着しました。

オルレア・ホワイト・レースでしょうか・・・沢山発芽しています。

病院前花畑1961

病院前花畑(はなのえき)1961
2020.11.19

黄色いウィインターコスモスとブルーのルリマツリ池向うのバラも加わり綺麗な色の散らばりになりました。

病院前花畑1960

病院前花畑(はなのえき)1960
2020.11.19

牡丹色のキクとシュウメイギク、オレンジ色のキクも咲いています。

病院前花畑1959

病院前花畑(はなのえき)1959
2020.11.19

ここはジニアとガウラ。

共に良く咲いています。

病院前花畑1958

病院前花畑(はなのえき)1958
2020.11.19

同じく池向うのバラとツワブキ。

クイーンエリアベスとニューアベマリアが形よく咲いています。

病院前花畑1957

病院前花畑(はなのえき)1957
2020.11.19

池向うには紫のコーナーがあります。

ホトトギスは盛りを過ぎ、ノコンギク?とアメジスト・セージが咲いています。

病院前花畑1956

病院前花畑(はなのえき)1956
2020.11.19

鉢に入れたベゴニアも長く咲いています。

病院前花畑1955

病院前花畑(はなのえき)1955
2020.11.19

ホスピタルパークの池端です。

チェリーセージ・ピンクブラッシュとチェリーセージ・レッドに囲まれてルドベキアが咲いています。

飴色になったミソハギは草紅葉のようです。

病院前花畑1954

病院前花畑(はなのえき)1954
2020.11.18

階段下で少しピンク掛かった白いキクが大きく広がりました。

マリーゴールドも大きく広がっています。

カラフルな秋です。

病院前花畑1953

病院前花畑(はなのえき)1953
2020.11.18

背の高かったクイーンエリザベスは剪定されて程よい位置で咲き、蕾も沢山付けています。

今年もガウラとイエローエンジェルは楽しく語り合っています。

病院前花畑1952

病院前花畑(はなのえき)1952
2020.11.18

みのり橋南角花畑のあげますコーナーの台は、プラザ前花畑の道具置きにしました。

代わりに、「あげます籠」を作りました。

結構、持って行って頂いています。

病院前花畑1951

病院前花畑(はなのえき)1951
2020.11.11

スイフヨウが沢山の花を付けています。

背の高くなったスカイブルーセージの開花はもう少し先の様です。

根元のマリーゴールドやキバナコスモスが「まだかな?」と興味深げ。

病院前花畑1950

病院前花畑(はなのえき)1950
2020.11.11

ニューアベマリアはオレンジ色に燃えています。

イエローエンジェル、ピンクのゼラニウム、フェンスに絡まるトケイソウ、カンナ、イソギク、北側フェンス際も賑やかです。

病院前花畑1949

病院前花畑(はなのえき)1949
2020.11.11

笑顔の薔薇は賑やかです。

担当者の愛情溢れるお世話に、お礼を言っているかの様です。

病院前花畑1948

病院前花畑(はなのえき)1948
2020.11.11

新型コロナウィルス第3波が始まったようですが、花たちは静かに秋を楽しんでいます。

病院前花畑1947

病院前花畑(はなのえき)1947
2020.11.04

新駐車場歩道脇です。

タマスダレは花期を過ぎようとしていますが、赤とピンクのゼラニウム、マリーゴールドは益々花盛り。

育てやすく挿し芽で簡単に活着し花期が長く豪華なゼラニウムは、欧米でベランダに飾られることが多いのが良く分かります。

花期の長い三尺バーベナの紫も効果的です。

病院前花畑1946

病院前花畑(はなのえき)1946
2020.11.04

歩道脇のマリーゴールドやジニアはこれで一株?と思う程大きくなりました。

なかなか咲かなかったホウセンカも今を盛りと咲いています。

病院前花畑1945

病院前花畑(はなのえき)1945
2020.11.04

南側ツツジ枡です。

イエローエンジェルは満開を過ぎましたが、間を埋めるマリーゴールドの大株は華やかさを増しています。

病院前花畑1944

病院前花畑(はなのえき)1944
2020.11.04

北側ツツジ枡でもピンクのキクが満開になり華やかになりました。

病院前花畑1943

病院前花畑(はなのえき)1943
2020.11.04

竹藪空地です。

除草残渣で草を押えたので、隣のハイツの駐輪場が明るくなりすっきり見通せます。

赤とピンクのゼラニウム、マリーゴールド、ピンクと黄色のキク、イエローエンジェルが適当に散らばって咲いています。

病院前花畑1942

病院前花畑(はなのえき)1942
2020.11.03

ダチュラは大地に向かってトランペットを吹き鳴らします。

病院前花畑1941

病院前花畑(はなのえき)1941
2020.11.03

昨日終日の雨が今日未明まで降り続き、少しうなだれた笑顔のバラは、もう暫くしたら上を向くでしょう。

病院前花畑1940

病院前花畑(はなのえき)1940
2020.11.03

9時21分。

紺碧の空のスイフヨウです。

病院前花畑1939

病院前花畑(はなのえき)1939
2020.10.25

阪大竹藪空地です。

道路拡幅工事範囲から移植したマリーゴールドやキクが咲き始め、ゼラニウムも青々としてきました。

除草残渣で草押さえをした自然開墾は花々が喜びます。

病院前花畑1938

病院前花畑(はなのえき)1938
2020.10.25

よく見ると、スカイブルーセージがベニバナサルビアやキクに混じって咲いています。

病院前花畑1937

病院前花畑(はなのえき)1937
2020.10.25

歩道から見た阪大病院前北側ツツジ枡の中です。

道路拡幅工事範囲から移植した花々が咲いています。

終わり掛けのコスモスに代わってキクが咲き始めました。

道行く方が「イングリッシュガーデンね」と喜んでくださいました。

病院前花畑1936

病院前花畑(はなのえき)1936
2020.10.25

駐車場歩道脇の植替えのお手伝いで、まだ工事の始まらない分離帯から土を頂くたこうとバケツをカートに載せて行く男性メンバーへ、イエローエンジェルたちがエールを送ります。

病院前花畑1935

病院前花畑(はなのえき)1935
2020.10.25

花々に囲まれて丁寧な除草が続きます。

病院前花畑1934

病院前花畑(はなのえき)1934
2020.10.19

阪大病院前北側ツツジ枡のイエローエンジェルも花盛りです。

病院前花畑1933

病院前花畑(はなのえき)1933
2020.10.19

シュウメイギクがフェンスの上や間から顔を出し、賑やかに外を眺めているかのようです。

病院前花畑1932

病院前花畑(はなのえき)1932
2020.10.19

雨の日を明るくするイエローエンジェルです。

間を埋めるマリーゴールドが花数を増やしています。

病院前花畑1931

病院前花畑(はなのえき)1931
2020.10.19

歩道脇が花で彩られました。

病院前花畑1930

病院前花畑(はなのえき)1930
2020.10.19

駐車場歩道脇でもりもり大きくなったピンクと赤のゼラニウム。

両脇に中央分離帯から移植したタマスダレの白が並びます。

チェリーセージも花を付けました。

三尺バーベナの紫と薄緑のコキアが眺めます。

病院前花畑1929

病院前花畑(はなのえき)1929
2020.10.19

オタフクナンテン+アイビー枡の歩道脇です。

こちらでも中央分離帯から移植したセダム・ヒスパニクム(ウスユキマンネングサ)がどんどん増えて灌水ホースを隠してしまいました。

病院前花畑1928

病院前花畑(はなのえき)1928
2020.10.19

多肉植物コーナーです。中央分離帯からお引越ししたセダム・ヒスパニクム(ウスユキマンネングサ)があっという間に広がりました。

セダム・ニジノタマ・オーロラかと思いましたが艶がそこまでないので、ウスユキマンネングサなのでしょう。

病院前花畑1927

病院前花畑(はなのえき)1927
2020.10.19

コバノガマズミのような実を付けた植物です。

病院前花畑1926

病院前花畑(はなのえき)1926
2020.10.19

真紅のダリアがルリマツリの根元を飾ります。

病院前花畑1925

病院前花畑(はなのえき)1925
2020.10.19

東側ではジニア、ガウラ、ルリマツリ、ブルーサルビアが花盛り。

病院前花畑1924

病院前花畑(はなのえき)1924
2020.10.19

池向うでホトトギスが花盛りです。

病院前花畑1923

病院前花畑(はなのえき)1923
2020.10.19

西端の赤に黄色のフリルはエキナセアと思っていましたがルドベキアのようです。

宿根ヒマワリやルドベキアはミソハギが刈られてはっきり見えるようになりました。

病院前花畑1922

病院前花畑(はなのえき)1922
2020.10.16

赤いビロードドレスのケイトウの向うでスコップ片手に除草に勤しむメンバーです。

フェンス越しに見えるオタフクナンテン+アイビー枡は、半年余り、草が生い茂ってはメンバー皆が心配し、思い切って除草すること6回ほど、やっと少し落ち着いた秋を迎えています。

病院前花畑1921

病院前花畑(はなのえき)1921
2020.10.15

遠くからでも明るく見えるマリーゴールドです。

病院前花畑1920

病院前花畑(はなのえき)1920
2020.10.15

眩しい程のイエローエンジェルです。

病院前花畑1919

病院前花畑(はなのえき)1919
2020.10.15

歩道脇花壇のジニアとマリーゴールドが色付いて来ました。

病院前花畑1918

病院前花畑(はなのえき)1918
2020.10.15

午後の日差しの中で水遣りに勤しむメンバーです。

病院前花畑1917

病院前花畑(はなのえき)1917
2020.10.11

マリーゴールドもイエローエンジェルも花盛りです。

病院前花畑1916

病院前花畑(はなのえき)1916
2020.10.07

おお!田中一村さんの世界!

毎年そう思うダチュラです。

病院前花畑1915

病院前花畑(はなのえき)1915
2020.10.07

まあ!珍しい!

ポーチュラカ丁字咲き!

十人十色。

メンバーが10人いると色々な花が咲いています。

病院前花畑1914

病院前花畑(はなのえき)1914
2020.10.07

白いオシロイバナやサルビア・コクネシア・スノーホワイトが真赤なハゲイトウを引き立たせる一画です。

赤系のマリーゴールドやサルビアも色を添えています。

病院前花畑1913

病院前花畑(はなのえき)1913
2020.10.07

大きくなったイエローエンジェルとマリーゴールドが秋を彩ります。

病院前花畑1912

病院前花畑(はなのえき)1912
2020.10.07

定点観測していたジニア。

とても大きい株になり、花数を増しました。

夏は花色が変ったかと思うほど白かったのが段々赤みを増し、牡丹色を超えて真赤になってきました。

ちょっと驚き。

病院前花畑1911

病院前花畑(はなのえき)1911
2020.10.07

オタフクナンテン枡の除草後の様子です。

アイビーは木陰で元気にしています。

いずれ元気な株が伸びて剥げている場所も覆う事でしょう。

病院前花畑1910

病院前花畑(はなのえき)1910
2020.10.07

7階の入院病棟からも見えるピンクはガウラ、黄色はジニア、ちょっと隠れてセンニチコウ、真紅のダリア等も咲いています。

ルリマツリやブルーサルビアも長い期間咲いています。

病院前花畑1909

病院前花畑(はなのえき)1909
2020.10.07

ホスピタルガーデン西側です。

西端に黄色の宿根ヒマワリ、オレンジのエキナセア、中央両端の鉢にピンクのベゴニア、根元を白いタマスダレと花々がハーモニーを奏でます。

病院前花畑1908

病院前花畑(はなのえき)1908
2020.10.07

「ここ綺麗になったね」と久し振りに階段を使ったメンバー。

これから益々花数を増すマリーゴールド、ゼラニウム、イエローエンジェル。

工事範囲に芽を出したスイセンも移植して冬も楽しみな花壇になりました。

病院前花畑1907

病院前花畑(はなのえき)1907
2020.10.06

うどんこ病の発生が僅かに見られる?ヒャクニチソウ。

他の植物に感染しないように抜こうかどうか思案するメンバー。

結局、抜かれずに済んだヒャクニチソウにアオスジアゲハが来ていました。

病院前花畑1906

病院前花畑(はなのえき)1906
2020.10.06

オタフクナンテン、アイビー枡の南部はエノコログサ、メヒシバが伸びているので除草しました。

除草残渣は前回分と共に竹藪空地へ2往復で運びました。

半日陰を好むアイビーは、夏、日差しの強かった場所では枯れがひどく、木の根元近くでは青々と元気でした。枯れた場所は元気な場所から伸びて修復されることを期待します。

病院前花畑1905

病院前花畑(はなのえき)1905
2020.10.06

阪大職員用新駐車場の区割島は、背の高い草が生えていましたが除草され、シバザクラが植えられ灌水チューブが敷設してあります。

私たちの除草範囲はこの辺まで。

気になってここを除草する場合は、車の移動の少ない時間帯にしましょう。

病院前花畑1904

病院前花畑(はなのえき)1904
2020.10.06

ヒメイワダレソウが草に混じり、ぐしゃぐしゃになっていたのでメンバーが除草しました。

暫く経ってヒメイワダレソウが綺麗に芽吹きました。

地中深くしっかりと根付くヒメイワダレソウは上部を剥ぎとってもまた復活します。

病院前花畑1903

病院前花畑(はなのえき)1903
2020.10.06

フェンス西側のカラフルなオシロイバナ。

道路拡幅工事で撤去される中央分離帯から移植した溝脇や歩道脇のタマスダレが早々と咲き、すっかり落ち着いた花壇になりました。

病院前花畑1902

病院前花畑(はなのえき)1902
2020.10.01

ちょっとした場所に植えたタマスダレも心をほっと癒します。

病院前花畑1901

病院前花畑(はなのえき)1901
2020.10.01

歩道脇を一段と美しくタマスダレが飾ります。

病院前花畑1900

病院前花畑(はなのえき)1900
2020.09.30

花畑や花壇の周囲をタマスダレが飾る穏やかな秋、せっせと除草するメンバーの姿があります。

病院前花畑1899

病院前花畑(はなのえき)1899
2020.09.28

階段下5m程に植物を残し、他は工事用に更地にした自然開墾地です。

ムムッ、この大石はどこへ行くのでしょう。

通り掛りのメンバーが「ここへ置くと良いね」と植物脇へ移動する事を提案。

確かに、そうすれば飲食店の看板に重みが増し、工事の移動距離も最短です。

病院前花畑1898

病院前花畑(はなのえき)1898
2020.09.27

オタフクナンテンとアイビー枡です。

オタフクナンテンの中は、ほぼ除草が終わりましたが、アイビーの中は未除草です。

20日にはワルナスビを抜きましたが今日はエノコログサやメヒシバ等を抜きましょう。

病院前花畑1897

病院前花畑(はなのえき)1897
2020.09.27

3名のメンバーが立ち話会議です。

病院前花畑1896

病院前花畑(はなのえき)1896
2020.09.27

フェンス際に咲くヒガンバナ。

今年はお彼岸を過ぎてから咲いています。

病院前花畑1895

病院前花畑(はなのえき)1895
2020.09.27

花畑の隅は除草し難い場所。

しかも、抜いても抜いても出て来るチガヤ。

それでも綺麗にしようと頑張るメンバーです。

病院前花畑1894

病院前花畑(はなのえき)1894
2020.09.27

朝、花に囲まれて除草に勤しむメンバーです。

病院前花畑1893

病院前花畑(はなのえき)1893
2020.09.26

トケイソウは静かに時を刻み続けます。

病院前花畑1892

病院前花畑(はなのえき)1892
2020.09.26

ヒャクニチソウ、ポーチュラカ、キバナコスモス、ケイトウ、秋を満喫する花々です。

病院前花畑1891

病院前花畑(はなのえき)1891
2020.09.26

階段脇に春植えたヒガンバナが咲きました。

年々増えて道行く人を楽しませてくれるでしょう。

病院前花畑1890

病院前花畑(はなのえき)1890
2020.09.24

階段下の花壇です。

トンボが沢山飛ぶ場所です。

道路拡幅工事のため縮小しました。

土の中から出て来た石を使って結界としました。

病院前花畑1889

病院前花畑(はなのえき)1889
2020.09.15

阪大東門前歩道脇のタマスダレが咲き揃いました。

メンバーや道行く人も絶えず除草しているので美しく見えます。

花を通して、まちを美しくしようという心が育ちます。

病院前花畑1888

病院前花畑(はなのえき)1888
2020.09.15

夏の終わりに咲くスイフヨウ。

今年は夏の終わりに猛暑だったので、少し遅れて咲いている様です。

病院前花畑1887

病院前花畑(はなのえき)1887
2020.09.15

ケイトウも秋を連れて来ています。

病院前花畑1886

病院前花畑(はなのえき)1886
2020.09.15

気付くと咲いているニオイバンマツリもタマスダレが囲みます。

オキザリス・紫の舞も何気に寄り添います。

病院前花畑1885

病院前花畑(はなのえき)1885
2020.09.15

穏やかな秋の昼下がりです。

一際背の高くなったクイーンエリザベスも咲いています。

病院前花畑1884

病院前花畑(はなのえき)1884
2020.09.15

花畑や花壇をタマスダレが白く縁取っています。

病院前花畑1883

病院前花畑(はなのえき)1883
2020.09.15

朝陽の中の瑞々しいゼフィランサス。

担当者が灌水をしたのでしょう。

病院前花畑1882

病院前花畑(はなのえき)1882
2020.09.15

フェンスに絡むルコウソウが秋を楽しんでいます。

病院前花畑1881

病院前花畑(はなのえき)1881
2020.09.15

新駐車場歩道脇の南の方では牡丹色、白、赤、黄色のオシロイバナが並びます。

溝の東側にはカンナやジャーマンアイリス、フランスギク等も並びます。

病院前花畑1880

病院前花畑(はなのえき)1880
2020.09.15

新駐車場歩道脇です。

猛暑で白くなっていたジニアは秋の訪れと共に牡丹色が戻り、驚く程大きくなりました。

まだ花芽が少ないマリーゴールドも茎が割れる程大きくなりました。

病院前花畑1879

病院前花畑(はなのえき)1879
2020.09.15

東側でもタマスダレが縁を彩ります。

ボリュームのあるガウラ、ルリマツリ等々、パステルカラーの花々が心地よく並びます。

病院前花畑1878

病院前花畑(はなのえき)1878
2020.09.15

ホスピタルガーデンです。

西側でタマスダレが縁を彩っています。

病院前花畑1877

病院前花畑(はなのえき)1877
2020.09.01

青空の元、ニチニチソウ、ポーチュラカがヒャクニチソウを見上げています。

真白なチョウセンアサガオが新しい水入れを眺めています。

病院前花畑1876

病院前花畑(はなのえき)1876
2020.09.01

ホウセンカ、キバナコスモス、ヒャクニチソウ、ケイトウ。

花々にボリュームが出て来て、見ごたえのある花畑になってきました。

病院前花畑1875

病院前花畑(はなのえき)1875
2020.08.23

阪大病院前交差点北1枡目に自生したジニアを駐車場脇花壇へ移植しました。

昨年は鮮やかな牡丹色だったのに、今年は色が抜けたような薄ピンク。

周囲のマリーゴールド、ホウセンカ、ゼラニウムが驚いて覗き込んでいます。

病院前花畑1874

病院前花畑(はなのえき)1874
2020.08.23

ガウラとマツバボタンが終わりゆく夏空を見上げます。

病院前花畑1873

病院前花畑(はなのえき)1873
2020.08.23

白に赤い紅を付けたゼラニウム。

可愛く咲いています。

病院前花畑1872

病院前花畑(はなのえき)1872
2020.08.23

大きく広がったメランポジウム。

病院前花畑1871

病院前花畑(はなのえき)1871
2020.08.23

フェンス際のマリーゴールド、ヒャクニチソウがもりもり咲いています。

病院前花畑1870

病院前花畑(はなのえき)1870
2020.08.23

ブルーサルビアに融け込んだトルコギキョウ。

キキョウと同様に花期が長いです。

病院前花畑1869

病院前花畑(はなのえき)1869
2020.08.23

フェンスに軽く絡まったアサガオ。

夏の風景です。

病院前花畑1868

病院前花畑(はなのえき)1868
2020.08.23

メンバーも高齢化し、1カ所の水溜では足らず、新たな水入れ、水汲みペットボトル、ホースが各2つずつ置いてあります。

降雨が無い猛暑中の灌水の凄まじさを感じます。

病院前花畑1867

病院前花畑(はなのえき)1867
2020.08.22

ここで最初で最後のシンテッポウユリ。

移植先は竹藪空地かな・・・?

病院前花畑1866

病院前花畑(はなのえき)1866
2020.08.16

満開になったゼラニウム。

所々に少し萎んだ花を折り、脇に置いてくださっているのが見られます。

竹藪空地や病院前分離帯へ移植しようと思いながらも、もう少し楽しんで頂いてからと、一雨降るのを待っています。

病院前花畑1865

病院前花畑(はなのえき)1865
2020.08.16

ベニシジミが白いジニアで休憩です。

病院前花畑1864

病院前花畑(はなのえき)1864
2020.08.16

これぞ夏!

ぎっしり詰まった種の並び方は、 種が一番沢山詰まる並び方。

左螺旋と右螺旋はフィボナッチ級数に含まれる数字と言われます。

前二つの数字を足すと次の数
0、1、1、2、3、5、8、13、21、
34、55、89、144、233、377、
610、987、1597・・・・。

さて、何本あるかな・・・?

病院前花畑1863

病院前花畑(はなのえき)1863
2020.08.13

プロムナード前の小さな花壇では、咲き続けるゼラニウム、花芽を付け始めたマリーゴールドが元気です。

マツバギク枡に大量に発芽した牡丹色のジニアは梅雨の最後に移植したので少し水不足の様ですが、一雨降れば元気になりそうです。

う~ん、その前に一度灌水しますか・・。

病院前花畑1862

病院前花畑(はなのえき)1862
2020.08.13

阪大新駐車場脇はフェンスと駐車場の歩道の間です。

花畑が綺麗に見えるように草に覆われた場所にピンクと赤のゼラニウムを交互に植えました。

自生した三尺バーベナが何気に紫の色を添えます。

病院前花畑1861

病院前花畑(はなのえき)1861
2020.08.12

ブルーサルビアとグラデーションキバナコスモス、黄色のルドベキア、白の韮も加わり、コントラストの見事な一画です。

病院前花畑1860

病院前花畑(はなのえき)1860
2020.08.12

ニオイバンマツリは何気に時々咲いています。

病院前花畑1859

病院前花畑(はなのえき)1859
2020.08.12

センニチコウと同じピンクのヒャクニチソウ。

ルドベキアとサルビアの黄色と赤が加わり、周囲の三尺バーベナとミソハギの紫が綺麗な一画です。

病院前花畑1858

病院前花畑(はなのえき)1858
2020.08.12

ヒマワリの足元で咲く白いサルビア・コクネシア・スノーホワイトとオシロイバナ。

金襴紫蘇、錦紫蘇の和名を持つコリウス。

オレンジ色のジニアとマリーゴールド、赤いサルビア。

夕暮れに一日を語り合う花々です。

病院前花畑1857

病院前花畑(はなのえき)1857
2020.08.12

阪大前分離帯の除草をした帰り、ヒマワリが府道から見えたので花畑に寄りました。

大型の植物は後始末が大変ですが、良く目立ちインパクトがあります。

病院前花畑1856

病院前花畑(はなのえき)1856
2020.08.09

ゆたか橋下花壇で大きくなり過ぎた赤いゼラニウムをぼきぼき折って挿し芽し、ここまで成長して咲き揃いました。

三角枡で株分けしたイエローエンジェルも咲き続けます。

「良く咲きましたね」と笑顔で通る方。

徐々に移転しましょう。

病院前花畑1855

病院前花畑(はなのえき)1855
2020.08.06

南奥は斜面の手前迄除草しました。

ヒメイワダレソウの植えられた斜面には穂の黄色くなりかけたエノコログサが生えていますが勾配がきついので止めました。

「綺麗になりましたね。大変だったでしょう。分かります」とか、「朝は向うの方をされていましたね」と病院帰りの方が、労いの言葉を掛けてくださいました。

病院前花畑1854

病院前花畑(はなのえき)1854
2020.08.06

5日、6日の2日間、早朝、午前、午後と除草してすっかり綺麗になりました。

エコレンジャーさんにより刈られたオタフクナンテンも葉が出始めていました。

オタフクナンテンの大きくなった場所は草が少ないので、年々、除草が楽になるでしょう。

オタフクナンテンの中に伸びたアイビーは擁壁側へ向けました。

病院前花畑1853

病院前花畑(はなのえき)1853
2020.08.04

1日目は午前少しと午後で予定通り歩道脇だけ除草し、残渣は竹藪空地へ入れました。

新メンバーは予定変更で一緒に出来ず残念でしたが、2日(日)に担当場所の駐車場脇に新しい土が入れられ手入れがしてあり、新メンバーの意欲が分かりました。

病院前花畑1852

病院前花畑(はなのえき)1852
2020.08.04

病院前のオタフクナンテン+アイビー枡です。

何も植えて無ければエノコログサ枡として、これはこれで綺麗となりますが、植えてあるものがあると助け出さねばと思います。

それもとエノコログサは日除け代わりでしょうか・・。

いずれにしても、この種が全部落ちてしまうと来年がまた大変なので、種が落ちる前に抜きます。

病院前花畑1851

病院前花畑(はなのえき)1851
2020.08.01

笹藪です。

こちらも除草残渣で押えてみます。

病院前花畑1850

病院前花畑(はなのえき)1850
2020.08.01

竹藪空地の南側です。

北半分は草押さえが済みました。

南半分は竹藪を通って除草残渣を運ぶ試みをしています。

病院前花畑1849

病院前花畑(はなのえき)1849
2020.07.31

爽やかなサルビア・コクネシア・スノーホワイトの根元に、赤いサルビアとオレンジのジニア。

花々に夏の光が踊ります。

病院前花畑1848

病院前花畑(はなのえき)1848
2020.07.31

モノレール橋脚の南側ではデュランタ・タカラヅカが花盛り。

病院前花畑1847

病院前花畑(はなのえき)1847
2020.07.31

ツマグロヒョウモンの雄がマリーゴールドで吸蜜中です。

ちゃんと保護色になる花に飛来しています。

病院前花畑1846

病院前花畑(はなのえき)1846
2020.07.31

梅雨明けの光が溢る花畑です。

病院前花畑1845

病院前花畑(はなのえき)1845
2020.07.31

花畑北端のフェンスに絡まるトケイソウです。

今、15時31分。

さて、何時に見えるでしょう・・?

紫のグラデーションと複雑な形が楽しいトケイソウです。

病院前花畑1844

病院前花畑(はなのえき)1844
2020.07.31

鉢に植えられた赤いバラは元気に育っています。

背の高い黄色のダリアの根元には茜色のダリアが咲いています。

その他、開花スタンバイの花々。

雨が降りそうなのでこの辺で帰りましょう。

池の波紋は雨かと思いきや、小さな鯉が沢山泳いでいます。沢山孵化した模様です。

病院前花畑1843

病院前花畑(はなのえき)1843
2020.07.31

東側中ほどの黄色いジニア、白、ピンク、牡丹色のセンニチコウ。

ガウラは赤い蕾を膨らませています。

病院前花畑1842

病院前花畑(はなのえき)1842
2020.07.31

ホスピタルガーデン東側と池向うです。

東端では黄色い霞の様にオミナエシが咲き、シンテッポウユリがモミジの下で伸び上がっています。

池向うは薄紫のベルガモットが花盛り。

病院前花畑1841

病院前花畑(はなのえき)1841
2020.07.31

ホスピタルガーデン西側です。

タマスダレが周囲を彩り、大きな樽型の鉢や四角いプランターにベゴニアが咲いています。

赤紫のミソハギやピンクのバラ、カーネーション、シルバーリーフのアサギリソウ?、斑入りヤブラン?白いニチニチソウ?も効果的です。

西向うにコキア、エキナセアも覗いています。

病院前花畑1840

病院前花畑(はなのえき)1840
2020.07.31

再びエノコログサで覆われたオタフクナンテン+アイビー枡です。

8月4日に新メンバーと一緒に歩道脇だけ除草して何か植える予定です。

取敢えず、1839の植物を移植しても良さそうです。

病院前花畑1839

病院前花畑(はなのえき)1839
2020.07.31

階段下花畑です。

昨年までびっしりとチガヤに覆われた場所でしたが、イエローエンジェルと赤いゼラニウムが続く歩道脇になりました。

挿し芽したスカイブルーセージも活着しましたが、この辺りも道路拡幅のため、10月までに移転予定です。

病院前花畑1838

病院前花畑(はなのえき)1838
2020.07.31

阪大病院前近道階段です。

マツバギク枡ゆたか橋南3、4、5枡の除草残渣で竹藪空地の自然開墾をするために竹藪へ入ろうとすると、階段とその周辺の除草担当者がせっせと手を動かす姿が見えました。

草の生えていた階段は、すっかり綺麗になりました。

病院前花畑1837

病院前花畑(はなのえき)1837
2020.07.28

病院前竹藪空地です。

ヌスビトハギがフェンス際までびっしり生え、花が咲き種になり、それが衣服に付着したら大変な事になりますが、抜くには大変な労力と時間が必要です。

病院前分離帯や歩道の大量な除草残渣をフェンス下から押し入れ、ヌスビトハギ等の草の上に置き、自然開墾を始めました。

これで作業が捗るようになります。

病院前花畑1836

病院前花畑(はなのえき)1836
2020.07.27

ヒャクニチソウ、ベニバナサルビア、マリーゴールド、ホウセンカが自生し、挿し芽のコスモス、ゼラニウム、フランスギクが活着していた自然開墾地は、病院移転に伴う道路拡幅工事で影響が考えられるため移植することにしました。
 長引く梅雨に感謝です。
 縁石迄びっしり生えたチガヤ、セイバンモロコシ、ヌスビトハギ、ヒメジョオンに大量の落葉と除草残渣を載せて踏むだけで殆ど姿を消し、花残渣を置くだけで発芽し立派に咲くという自然開墾結果を得た事にも感謝です。

病院前花畑1835

病院前花畑(はなのえき)1835
2020.07.27

ヒャクニチソウの足元をカラフルなポーチュラカが飾ります。

病院前花畑1834

病院前花畑(はなのえき)1834
2020.07.27

黄色のメランポジウムとピンクのペンタス。

長く咲いてくれるでしょう。

病院前花畑1833

病院前花畑(はなのえき)1833
2020.07.27

シンボル鉢の紫のバーベナは良い感じに垂れて来ました。

病院前花畑1832

病院前花畑(はなのえき)1832
2020.07.24

セリ科オルレアの白い繊細な葉と花の横でベンケイソウのピンクの花がしっかり咲いています。

その対比を楽し気に見上げるペチュニアとツメキリソウです。

病院前花畑1831

病院前花畑(はなのえき)1831
2020.07.24

イエローエンジェルが咲き揃い、夕方の一角を明るくしています。

病院前花畑1830

病院前花畑(はなのえき)1830
2020.07.24

赤紫のミソハギ、赤みを増したグラデーションキバナコスモス、ホウセンカ、キンレンカ、レインリリー等々。

葉を広げて来年の開花に備えるボタンの姿もあります。

病院前花畑1829

病院前花畑(はなのえき)1829
2020.07.24

雨の降る夕方の花畑でトケイソウが時を刻んでいます。

牛乳パックで簡易的に作ったあげます籠の表示が汚くなったので、ワードでカラフルな字で書きラミネートしたのを籠に付けに来てトケイソウに出会えました。

複雑に畳まれた蕾が開き始めています。明日咲くのでしょうか・・。

病院前花畑1828

病院前花畑(はなのえき)1828
2020.07.22

自然開墾地でマリーゴールド、ヒャクニチソウ、ベニバナサルビアが咲いています。

コスモスやホウセンカも育っています。

病院前花畑1827

病院前花畑(はなのえき)1827
2020.07.21

雨が良く降ったのでレインリリー(タマスダレ)が咲いています。

そろそろ梅雨明け。

ペチュニアが大きく広がりました。

傘と杖で体を支えながら歩く老婦人が「綺麗ね。いつも見せてもらってます」と笑顔で通り過ぎて行かれました。

病院前花畑1826

病院前花畑(はなのえき)1826
2020.07.14

グラデーションキバナコスモスが艶やかに咲く向こうで、カサブランカでしょうか白いユリが咲いています。

サクラナデシコの灰緑色の芝生に囲まれたシンボル鉢のバーベナも咲き始めました。

担当者の希望通り、良い具合に垂れ下がりも始まりました。

病院前花畑1825

病院前花畑(はなのえき)1825
2020.07.14

とても香りの良いオリエンタルハイブリッドのユリが咲きました。

昨年は7月13日にNo.1413で載せています。

年々の変化が分かります。

病院前花畑1824

病院前花畑(はなのえき)1824
2020.07.12

丁寧にフェンスに括られたヒャクニチソウが並びます。

昨年背が高くなったので、担当者の配慮でフェンス際にお引越ししました。

フェンスの向う側からカラスが興味深げに覗いています。

病院前花畑1823

病院前花畑(はなのえき)1823
2020.07.12

阪大病院前新駐車場脇は、堅い土で抜くことが困難な草が生えていたので、除草残渣や落葉を大量に乗せて草を押さえ土を柔らかくしていましたが、大雨が降り、草諸共堆肥化が進み土が柔らかくなったので、草の根を取り除いて小径を作り花壇にしました。

ミミズが大量に出てきたので花壇へ入れました。

担当者が素適な花壇にしてくれることでしょう。

病院前花畑1822

病院前花畑(はなのえき)1822
2020.07.12

雨の止み間にせっせと手を動かすメンバーです。

虫刺され対策の網付帽子を被るメンバーもいます。

午前午後共、三々五々と来ては担当場所をきちんと整備するメンバーたちです。

花々が嬉しそうに見ています。

病院前花畑1821

病院前花畑(はなのえき)1821
2020.07.12

カンナが咲きました。

キバナコスモスが彩を添えています。キバナコスモスは後始末が大変なので大半を抜きますが、ここだけは残してあります。

グラジオラスは賑やかに語り合います。

病院前花畑1820

病院前花畑(はなのえき)1820
2020.07.11

「手で除草するのですか?大変ですね」と、通行人の質問。

「草の上に落葉や草を置いて柔らかくしてから抜いてます。そのまま肥料になります」と説明しました。

今日は家に着いたとたんに雨が強まりました。

病院前花畑1819

病院前花畑(はなのえき)1819
2020.07.11

夕暮れ、色とりどりのグラジオラスが咲き、チョウセンアサガオが咲き始めました。

雨の止み間に作業をするメンバーの姿もありました。

病院前花畑1818

病院前花畑(はなのえき)1818
2020.07.11

雨が降り続き、レインリリー(タマスダレ)が咲きました。

病院前花畑1817

病院前花畑(はなのえき)1817
2020.07.08

モンシロチョウもイエローエンジェルで吸蜜しています。

昨年まで草で覆われていた場所が、蝶の飛び交う場所になりました。

2015年9月30日、ゆたか橋北花畑のイエローエンジェルに訪れたアサギマダラのように、ここにもアサギマダラが飛来することを期待します。

病院前花畑1816

病院前花畑(はなのえき)1816
2020.07.08

今年は早々と飛んでいるヒメアカタテハです。

病院前花畑1815

病院前花畑(はなのえき)1815
2020.07.05

夕暮れの花畑に静かな時間が流れます。

病院前花畑1814

病院前花畑(はなのえき)1814
2020.07.05

中央ではキンレンカ、ダリア、オキザリス・紫の舞、ルドベキア、イエローエンジェル、ガウラ、ゼラニウム等々盛りだくさん。

病院前花畑1813

病院前花畑(はなのえき)1813
2020.07.05

中央東側の花壇では、ブルーサルビア、紫白グラデーションのトルコギキョウ、オレンジグラデーションの矮性キバナコスモスの効果的な配置に、白いオシロイバナも加わりました。

病院前花畑1812

病院前花畑(はなのえき)1812
2020.07.05

南側ではデュランタ・タカラヅカが咲いています。

病院前花畑1811

病院前花畑(はなのえき)1811
2020.07.05

中央西端では液肥遣りに余念のないメンバー。

花々も嬉しそうです。

病院前花畑1810

病院前花畑(はなのえき)1810
2020.07.05

夕暮れの花畑の北端に、明日からの梅雨後半に備えて見回りに来たメンバーの姿。

夕食と後片付けを済ませ、ゆっくりした気分で会話も弾みます。

アガパンサス、グラジオラス、グリーンになったアナベル等々も楽し気な声に耳を傾けています。

病院前花畑1809

病院前花畑(はなのえき)1809
2020.07.02

2年目の自然開墾地でヒャクニチソウ、ゼラニウム、ベニバナサルビアが勢いよく咲いています。